logo

フォード・ジャパン、クーガ(KUGA)をフルモデルチェンジ

フォード・ジャパン・リミテッド 2013年06月18日 18時00分
From Digital PR Platform


フォード・ジャパン・リミテッド(本社:東京都港区虎ノ門4-3-13、代表取締役社長:森田 俊生)は、フォードのコンパクトSUV、クーガをフルモデルチェンジし、本年9月より発売を開始する。新型クーガは、フォーカスに続き、フォードのOne Ford 戦略のもとグローバル・プロダクトとして世界中で展開。EcoBoostエンジン、新設計のインテリジェントAWD、アクティブ・シティ・ストップ、そしてハンズフリー・パワーリフトゲートなど、数多くの先進技術を搭載し、よりスマートで、より機能的な次世代のSUVとして生まれ変わっている。

新型クーガは、フォードが提唱する“キネティックデザイン”コンセプトを取り入れ進化させることで、よりモダンかつ先進的なイメージを強調。さらに旧型モデルと比べ、全高1cm低くし、全長は9.5cm大きくしたことで、よりスポーティなスタイリングとする一方で、SUVとしての機能性を高めている。

パワートレインは、フォードがグローバルで展開するグリーン・エンジン、1.6L EcoBoostを搭載、トランスミッションには新たに6速セレクトシフト付オートマチックトランスミッションが組み合わされ、182psというハイパワーを発揮しながら、旧モデルと比較して、燃費性能は20パーセント超改善(※)している。駆動システムも新設計のインテリジェントAWDが採用され、路面や走行状況に応じてトルクを前後間で100:0~0:100で自動的に配分。あらゆる路面で卓越したトラクション性能を発揮する。

機能面では、ラゲッジルームを従来のモデルから46リットル拡大しクラストップレベルのトランク容量を確保したほか、このクラスで初となるハンズフリー・パワーリフトゲートを採用(Titanium)。スマートキーを携帯してリアバンパー中央の下側でキック動作をすることで、両手がふさがった状態でも簡単にテールゲートを開閉することが可能となっている。

さらに安全性においても、渋滞時および市街地での低速走行時に前方車両への衝突を回避するため、自動的にブレーキをかけてドライバーを補助する「アクティブ・シティ・ストップ」(Titanium)や、コーナリング時の操縦性、回頭性を高めるトルクベクタリングコントロール、フォード独自の車両安定化技術であるロール・スタビリティ・コントロールアドバンストラックを投入(Titanium)、より快適で、よりクリーンで、そしてより安全な次世代SUVへと進化を遂げている。

フォード・ジャパンはフォードのブランド・プロミス「Go Further」のもと、これまで以上に魅力的な商品とサービスを提供し、フォード・ブランドのさらなる強化と日本におけるビジネスの成長を加速させていきたいと考えている。

※旧型モデルの10.15モード(8.5km/L)をJC08モードに換算(7.8km/L)これを新型クーガのJC08モード(9.5km/L)と比較した場合。


全国希望小売価格(消費税込み)
Titanium (タイタニアム) 3,850,000円
Trend (トレンド)       3,400,000円

発売日 2013年9月7日(土)
取り扱い販売店 全国フォード販売会社

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。