logo

Amazon.co.jp 被災地支援プロジェクト「第2回岩手県フェア」を開催

~ 岩手の特産品をAmazon.co.jpを使って全国へPR・販売 ~

総合オンラインストアのAmazon.co.jpは、被災地復興支援活動の一環として2回目となる「岩手県フェア(主催:アマゾン ジャパン株式会社、協力:岩手県)」を2013年8月に開催いたします。
Amazon.co.jpでは2011年4月以降、震災復興を目的としたさまざまな支援活動を行って参りましたが、今回は岩手県内の事業者様向けにビジネス面での支援、また岩手県内の特産品や県内事業者様が製造・販売されている商品の販路拡大のサポートを目的に本フェアを開催いたします。

Amazon.co.jpでは2011年12月に同様の企画を開催し、岩手県内の事業者約120社から821商品が出品されましたが、県内事業者様やお客様の更なるご要望により、支援活動及び、県産品の販売促進を行って参ります。この度、県内事業者様に対する優遇措置として「Amazon 出品サービス」の出店料「4,900円/月」を2年間(4,900円×24=117,600円)免除※を予定しています。
※新規でAmazon.co.jpに出品される岩手県内事業者様が対象となります。


本フェア開催に向けて、2013年7月3日~5日に、岩手県内5箇所(盛岡、久慈、宮古、大船渡、奥州)にて、県産品を取り扱っているメーカー、卸、小売などの岩手県内事業者を対象に、フェア開催に関する出店説明会を開催します。出店説明会では、同フェアのご案内、Amazon.co.jpの概要、Amazon.co.jpを使ったインターネット販売戦略、2011年に開催したフェアの状況についてご案内します。

Amazon.co.jpは被災地域に所在する事業者様の商品や、生産される商品の販売を通じて、被災地の復興に貢献する活動を引き続き行って参ります。

【Amazon.co.jp 「第2回 岩手県フェア」出店説明会】
◆主催: アマゾン ジャパン株式会社    協力:岩手県
◆開催日時・場所:
1. 7月3日(水)10:00-11:30 盛岡会場:エスポワールいわて(盛岡市中央通1-1-38)
2. 7月3日(水)15:30-17:00 久慈会場:久慈グランドホテル(久慈市川崎町10-15)
3. 7月4日(木)15:00-16:30 宮古会場:宮古地区合同庁舎 3階大会議室(宮古市五月町1-20)
4. 7月5日(金)10:00-11:30 大船渡会場:大船渡地区合同庁舎 4階大会議室(大船渡市猪川町前田6-1)
5. 7月5日(金)15:30-17:00 奥州会場:奥州地区合同庁舎 3階大会議室(奥州市水沢区大手町1-2)

◆募集数: 盛岡会場:80名   久慈、宮古、大船渡、奥州会場:40名
◆説明会への出席費用: 無料
◆内容: 1. Amazonの概要について
2. Amazonを使った販売方法について
3. Amazonの物流システムを使った配送方法
4. 「岩手県フェア」とこれまでの県産品販売の状況について

【参考】 第1回「岩手県フェア」開催概要
・フェア開催期間:2011年12月(1カ月間)  
・出店社数:121社  
・出品商品数:821商品

◆事業者様のお問合せ、お申込み: 
  アマゾン ジャパン株式会社 セラーサービス事業本部 開発営業部 地域営業課 岩手県担当
  E-mail: iwate-fair@amazon.com
  電話:0120-999-245(フリーダイヤル)  Fax:(03)6367 4160 平日10~17時 土日祝休
※報道関係者のお問い合わせは巻末のお問合せ先にお願いいたします


2000年11月1日に営業を開始したAmazon.co.jpは、お客様がオンラインで求めるあらゆるものを検索、発見できる、世界で最も顧客重視のストアであることを目指します。現在Amazon.co.jpは、5,000万種類を超える和書、洋書、CD、DVD、ソフトウェア、ゲーム、家電&カメラ、ホーム&キッチン、おもちゃ&ホビー、スポーツ&アウトドア、ヘルス&ビューティー、コスメ、時計、ベビー&マタニティ、アパレル&ファッション雑貨、食品&飲料、ジュエリー、文房具・オフィス関連商品、DIY・工具、カー&バイク用品、楽器、ペット用品を取り扱っています。また、Amazonモバイルのモバイル市場向けプラットフォームを通じ、Amazon.co.jpはiモード、EZweb、Yahoo!ケータイ、ウィルコムからのアクセスも可能です。Amazon.co.jpは、業界最先端のオンラインショッピング・テクノロジーにより、信頼のおけるクレジットカード決済、代金引換による支払い、コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)、おすすめ商品機能、そして便利な1-Click オーダーなどのサービスをお客様に提供します。Amazon.co.jpでは、Amazon.co.jpが販売・発送する商品の無料配送サービスをはじめ、当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便、定期おトク便など、お客様のご要望にお応えし、様々な配送サービスを提供しています。
Kindle PaperwhiteはKindleの従来機と比較して、画素数が62%増、25%コントラストが鮮明なディスプレイを搭載しており、あらゆる明るさの下でも快適に読書ができる独自技術の内蔵型フロントライトを搭載しており、8週間持続可能なバッテリー、および薄くてコンパクトなデザインで、最も先進的な電子書籍リーダーです。
Kindle Fire HDは、鮮やかな独自のHD(ハイデフィニション)ディスプレイ、デュアルドライバ・ステレオスピーカー付ドルビーオーディオ、デュアルバンドのついたハイエンドノートブック並みのWi-Fi、デュアルアンテナおよびMIMO技術の採用により、ダウンロード速度で他のタブレットと比較して40%高速化。HDコンテンツでも余裕の大容量ストレージ、強力なプロセッサーとグラフィックエンジンにより、快適なパフォーマンスを実現。 
Amazon.co.jpは、米国ワシントン州シアトルを本拠地とするFortune 500企業であるAmazon.com, Inc.(NASDAQ: AMZN)の関連会社が運営するインターナショナル・サイトの1つです。Amazon.com, Inc.と関連会社は、www.amazon.com、www.amazon.co.uk、www.amazon.de、www.amazon.co.jp、www.amazon.fr、www.amazon.ca、www.amazon.cn、www.amazon.it、www.amazon.es、www.amazon.com.br等のウェブサイトを運営しています。


「Nippon ストア」では、日本各地のご当地グルメ、特産品を取り扱い、Amazon.co.jpが販売する商品の他、各都道府県の出品者による商品の品揃えを提供します。また、出品者の一部商品が、Amazon.co.jpが物流サービスを代行する「フルフィルメントby Amazon」の対象になっており、Amazon.co.jpが配送する商品と同様に、通常配送料無料、当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便など様々な配送サービスが適用されるほか、Amazon プライムの対象商品になります。(一部除く。詳細は当サイトにてご確認ください。)
同ストアでは、日本各地のご当地グルメ、特産品を、豊富な品揃えから簡単・便利にお探しいただけます。都道府県別、地域別に一覧から検索いただけるほか、日本地図上で、対象都道府県をクリックすることで、関連商品のページを閲覧することが可能です。その他、各種特集を随時行っており、おせち料理や、お中元、お歳暮特集などを、季節に応じて展開し、日本の四季に応じた商品特集を随時展開してまいります。さらに、同ストアでは、お客様の様々なニーズにお応えするために、アンケートコーナーを設けております。取り扱い希望商品やおすすめの名産品・ご当地グルメ・ショップ、興味のある観光地、特集を希望する都道府県など、常時ご意見を受け付けております。お客様のご意見、ご要望をリアルタイムに把握することで、今後の品揃えおよびサービスの強化につなげてまいります。


「Amazon出品サービス」では、Amazon.co.jpのカタログにある商品については、出店企業から商品毎に独自の価格、納期などを提示することが可能です。また、出店企業は、価格、納期面などで他出店企業やAmazon.co.jpよりも、よりよい条件を提示することで、商品詳細ページの「ショッピングカートに入れる」ボタンを優先的に使う権利が得られます。さらに、Amazon.co.jpのカタログにない商品においても、出店企業が商品カタログを追加登録することで、様々な商品群の提供が可能になります。これにより、お客様が商品を購入される際の選択肢がさらに広がります。お客様は、お薦め機能、マイストア、カスタマーレビュー、売れ筋ランキングをはじめとしたAmazon.co.jpのユニークな機能を「Amazon出品サービス」出店企業の販売商品についても利用することができ、さらにAmazon.co.jpを介しての決済が可能です。

将来予想に関する記述 (Forward-Looking Statements)
本リリースは、米国1933年証券法第27条Aおよび米国1934年証券取引法第21条Eに規定される意味においての「将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)」に該当する記述が含まれています。実際の業績は経営予想と大きく異なる可能性があります。これら将来予想に関する記述は様々なリスクおよび不確定要因により実績と異なる可能性があり、それらリスクおよび不確定要因には、競争、成長の管理、新たな商品、サービスおよび技術、営業結果の変動可能性、国際的拡大、訴訟および申し立ての結果、配送センターの最適化、季節的要因、取引契約、買収および戦略的提携、外国為替相場、システム中断、多大な債務、政府規制と課税、支払いならびに不正行為などが含まれます。その他Amazon.com, Inc.の業績に影響する可能性のある事項については、最新のForm 10-Kのアニュアルレポートなど、同社が米国証券取引委員会(SEC)に提出している文書にも記述されています。
※Amazon、Amazon.co.jp、Kindle、Kindle Fire、およびAmazon.co.jpロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事