logo

ANAラウンジで九州国際重粒子線がん治療センターの紹介を行っています

佐賀県 2013年06月17日 17時20分
From Digital PR Platform


 平成25年6月1日に、九州新幹線「新鳥栖駅」前に開院した「九州国際重粒子線がん治療センター」(愛称:サガハイマット)の紹介を、国内主要空港にある全日本空輸株式会社(ANA)のラウンジ等で行っていますので、ご利用の際は是非お立ち寄りください。



1 期間
 平成25年6月1日(土曜日)~平成25年6月30日(日曜日)

2 場所
 ・羽田空港(本館南・北)、福岡空港、伊丹空港、新千歳空港のANAラウンジ
 ・有明佐賀空港の有料待合室

3 内容
 ・ANAラウンジ及び有料待合室に、ANA「INNOVATIVE VOICE」のサガハイマット紹介リーフレット (別添)を設置しています。
  リーフレットには、サガハイマットを運営する公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団理事長の十時忠秀氏や放射線医学総合研究所
 フェローの辻井博彦氏のインタビューのほか、佐賀県の古川知事と福岡県の小川知事との対談の様子などが紹介されています。
 ・羽田空港のANAラウンジ(本館南)では、サガハイマット紹介ブースやパネルの設置も行っています。


【参考】
 ・ANA「INNOVATIVE VOICE」とは 
  ANAが「日本を元気にする、こころざし」をテーマに、毎月1企業を取り上げ、羽田空港国内線「ANA LOUNGE」を中心に情報発信するもの。 
  ※リーフレットなどの発注者は、サガハイマットの施設管理を行う九州重粒子線施設管理株式会社です。


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。