logo

ガートナー社「2013年サプライチェーントップ25社」中22社がGXSを利用

小売、流通、製造、ハイテク業界の主要企業が世界最大の統合クラウドGXS Trading Gridを活用

米国メリーランド州ゲーザーズバーグ発 - B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーであるGXSは本日、ガートナー社発表の「2013 Supply Chain Top 25(2013年サプライチェーン トップ25社)」*のうち22社が、企業間のデータ連携にGXSのクラウドベースの統合プラットフォームであるGXS Trading Grid(トレーディング グリッド)利用していることを発表しました。自動車、ハイテク、消費財、小売業界では、数千社もの企業が、調達から支払い、受注から入金などのサプライチェーンプロセスをGXS Trading Gridを利用して、自動化を実現しています。

ガートナー社のマネージング・バイスプレジデントであるデブラ・ホフマン(Debra Hofman)氏は次のように述べています。*『サプライチェーントップ25社に共通しているのは、需要主導型という概念をいち早く取り入れることで、業界をリードしているということです。ガートナーでは、2003年から需要主導型サプライチェーンの実践について調査分析、報告を行っていますが、その中でも特に、従来の「プッシュ」型から、需要、供給、製品をバリューネットワークに統合し、変化し続ける需要に対応することで収益性を両立するという新たなサプライチェーンモデルに、企業がどのように移行していくのかに着目しています。』*

自動車、小売、ハイテク、消費財業界のお客様は、GXS Trading Gridを利用して顧客や取引先と電子的に情報をやり取りしています。また、EDIやXMLなどの普及している標準的なデータフォーマットを使用し、電子製品カタログ、在庫レポート、注文書、出荷通知、請求書、送金通知などの情報共有が可能です。B2Bデータ統合により、電子メール、FAX、電話など、時間がかかり、ミスが発生しやすい通信方法を利用する必要がなくなるため、情報交換のコストだけでなく、取引先間におけるデータの流れの停滞も減らすことができます。

ガートナー社のリサーチディレクターであるスタン・アロノウ(Stan Aronow)氏は次のように述べています。*「これからの先進的なサプライチェーンを持つ企業は、すでに検討段階を終え、他の企業が検討しはじめたばかりの新しい機能を展開しつつあります。その過程で、斬新で創造的な利用方法を模索しながら、事前に予想していなかったような相乗効果やビジネスチャンスがないかも検討しています。さらに、現在すでに利用しているサプライチェーンと組み合わせることで、新たな活用方法を見出し、まったく新しいツールとして利用することもできます。これらを活用することで、ビジネスの最適化をコントロールし、市場競争から一気に抜け出すことができるのです。」

サプライチェーントップ25社ランキングは、公開されている財務データから企業の過去の業績を分析して算出された視点と、将来的に先進性が期待できるか、という2つの指標を元に判断され、総合スコアを算出しています。対象企業の元となるリストは、ガートナー社のアナリストが、Fortune Global 500社とForbes Global 2000社から収益100億ドル以上の企業を抽出して作成された後、金融サービスや保険など、特定の業種が除外され、製造、小売、流通業界に限定したものです。

*出典 – 2013年5月23日発行ガートナー社プレスリリース「Gartner Announces Rankings of Its 2013 Supply Chain Top 25(ガートナー、2013年のサプライチェーントップ25社ランキングを発表)」リンク

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将 来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不 確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する 記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでくださ い。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社 
マーケティング 石黒 佐知子   
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事