logo

PR映像「富士ゼロックスの考える価値あるコミュニケーション」第二弾、「グローバルサービス編」本日公開

富士ゼロックス株式会社 2013年06月13日 11時16分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年6月13日

富士ゼロックス株式会社

PR映像「富士ゼロックスの考える価値あるコミュニケーション」第二弾、「グローバルサービス編」本日公開

お客様のビジネスにおける「価値あるコミュニケーション」の実現を目指す当社の考え方を、仮想のビジネスシーンを通じて表現するPR映像「富士ゼロックスの考える価値あるコミュニケーション」の第二弾として、ドキュメントアウトソーシングを展開する「グローバルサービス編」を本日より公開いたします。

富士ゼロックスは、ドキュメントに関する豊富なノウハウや経験を活かし、ビジネスのあらゆる場面で発生するドキュメントの作成、管理、活用や、業務プロセスの最適化にフォーカスしたアウトソーシングサービスをグローバルに提供しています。
お客様がコア業務へ集中できる環境をつくり、生産性向上はもちろんのこと、社内外のよりよいコミュニケーション実現を支援することで、売上の増加、TCO削減、ガバナンス強化などの価値提供を目指しています。

PR映像「グローバルサービス編」では、さまざまな経営課題を抱えるお客様がドキュメントアウトソーシングサービスを戦略的に活用いただくことによって、どのような価値あるコミュニケーションを実現し、経営課題解決に向けた変革を遂げようとしているかを、2つの仮想ストーリーを通じてご紹介します。是非ご覧ください。

■富士ゼロックス公式HP
日本語版:リンク リンク
英語版:リンク リンク

■富士ゼロックスYouTube公式チャンネル
日本語版:リンク
英語版:リンク

■PR映像「富士ゼロックスの考える価値あるコミュニケーション」について
富士ゼロックスは1962年、紙の情報を大量に、正確に、美しく複写するという技術でお客様のコミュニケーションに大きな変革をもたらし事業をスタートしました。昨今では、ITの進化によって多種多様な情報の流通手段が浸透し、お客様のビジネスシーンにおけるコミュニケーションのあり方が大きく変化しています。
当社は、これまで培ってきた「紙の情報を複写する」というビジネスからの進化を図り、お客様がより効果的、効率的に価値創造するためのコミュニケーションを支援する存在として、お客様の経営課題の解決に貢献するソリューション&サービスの提供を進めています。
本PR映像は、ソリューション&サービス提供を通じてお客様の「価値あるコミュニケーション」を支援することで、経営課題解決に貢献していくことをご紹介するものです。昨年10月に公開した第一弾では「いつでも、どこでも、必要な情報を必要な形で活用できる」環境を「価値あるコミュニケーション」ととらえ、それを実現する当社の技術やサービスを紹介しています。是非合わせてご覧ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。