logo

投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」不動産投資に関する意識調査(第5回)を実施

野村不動産アーバンネット株式会社 2013年06月12日 15時00分
From PR TIMES

~約6割が投資用物件は「買い時だと思う」と回答、不動産価格は「上がる」も大幅アップ、「アベノミクス」の影響で投資意欲が上がった商品は、1位:株式(日本株)、2位:不動産投資~

野村不動産アーバンネット株式会社(本社:東京都新宿区/取締役社長:宮島 青史)は、2013年5月21日~5月26日、投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」(リンク) の会員を対象とした「不動産投資に関する意識調査(第5回)」を実施いたしました。この度、調査結果がまとまりましたのでお知らせいたします。



【調査結果のポイント】

■約6割が投資用物件は「買い時だと思う」と回答、不動産価格は「上がる」が大幅アップ65.5%
・投資用物件は「買い時だと思う」が58.0%と1年前の前回調査(2012年5月)に比べ8.5ポイント増加し、
 2009年の調査開始以来で最も高い結果となった。
・1年後の不動産価格の予測は、「上がる」が65.5%と前回調査の13.9%から50ポイント以上の大幅アップとなった。

■アベノミクスの影響で投資意欲が上がった商品は、1位 株式(日本株)、2位 不動産投資
・「アベノミクス」の影響を受けて、投資意欲が上がった商品の1位は株式(日本株)の53.2%、2位は不動産投資の
 47.7%、3位はREIT(不動産投資信託)の31.1%となった。逆に、投資意欲が下がった商品の1位は債券(国債)、
 2位は外貨預金、3位は債券(外国債)という結果となった。

■再開発でこれから有望なエリアは、1位 五反田・大崎、2位 武蔵小杉、3位 中野
・再開発等により、不動産投資先として「これから有望だと思うエリア」を3つまで回答を求めたところ、1位は
 五反田・大崎エリアで17.9%、2位は武蔵小杉エリアで16.4%、3位は中野エリアで15.2%という結果となった。

■不動産投資を行って「良かったと思う」の回答が81.8%、「後悔している」の回答はわずか2.3%
・不動産投資を行っていることについて、81.8%が「良かったと思う」と回答し、前回調査に比べ13.4ポイント増加
 した。一方で「後悔している」の回答は2.3%と前回より2.1ポイント減少した。「どちらとも言えない」の回答は
 15.9%。
・保有している投資用物件について、4割の方が、総投資額「1億円以上」と回答し、不動産投資で得ている収入に
 ついて、3割以上の方が年間「1,000万円以上」と回答した。

【調査概要】
調査時期 : 2013年5月21日(火) ~ 5月26日(日)
調査対象 : 投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」会員(会員数 約17,000人 ※2013年5月時点)
有効回答数: 652 人(投資用物件の保有者:390 人、非保有者:262 人)
調査方法 : インターネット上でのアンケート回答

本アンケート結果につきましては、投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」でより詳しくご覧いただけます。
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事