logo

「2014年卒マイナビ大学生就職内定率調査」を発表

株式会社マイナビ 2013年06月12日 11時00分
From PR TIMES

~ 大学生、大学院生の5月の内々定率は49.0%(前年同月比6.5pt増) ~



株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、2014年卒業予定の全国大学4年生、大学院2年生を対象とした「2014年卒マイナビ大学生就職内定率調査」の結果を発表しました。

本調査は、幅広い層の学生から内定率を調査することを目的として、2010年3月より開始し、今年で4年目となります。調査結果の概要は以下の通りです。


<調査結果の概要>

■ 2014年卒業予定の大学生、大学院生の5月の内々定率は全体で49.0%(前年同月比6.5pt増)
5月末の内々定率は前年同月比6.5pt増の49.0%と、大幅な増加となった。企業の選考活動が前倒しで進行する中、4月は特定の学生に内々定が集中し、内々定率はほぼ前年並みとなった。その分、内定辞退や採用の進捗状況を受け、5月の大幅な上昇に繋がったと推察される。文理男女別では4月に前年同月実績を下回っていた文系男子や理系女子が、前月に比べ15pt~18pt増加している。平均内々定保有社数では文系男子が前月に引き続き、複数内定を保有する率が比較的高い。
内々定保有者の今後の活動は、「内々定先に満足したので終了する(終了している)」割合が前年同月比2.7pt増の61.9%となっている。結果、未内定者を含めた今後も活動を継続する学生の割合は68.7%(未内定者51.0%+内々定を保有して活動を継続する学生17.7%※1)と、前年同月比で5.3pt減少している。特に、理系院生の今後も活動を継続する割合は44.2%(未内定者32.6%+内々定を保有して活動を継続する学生11.6%※2)と、過半数の学生が活動を終えており、早めに活動を終了する傾向にある。

※1:内々定率49.0%に、“今後も活動を継続と回答した学生の割合”36.1%(内々定先に不満なので続行する:11.1%+内々定先に不満ではないが他の企業も見たいので続行する:25.0%)を掛け合わせ算出
※2:内々定率67.4%に、“今後も活動を継続と回答した学生の割合”17.2%(内々定先に不満なので続行する:6.4%+内々定先に不満ではないが他の企業も見たいので続行する:10.8%)を掛け合わせ算出
※ 正式内定は10月以降となるため、文中では「内々定」と表記する


※また今期から、内々定を得て退会する会員の影響を勘案した新たな計算方式の内々定率も算出しています


「2014年卒マイナビ大学生就職内定率調査」調査概要
【調査名】    2014年卒マイナビ大学生就職内定率調査
【調査方法】  マイナビ2014の会員に対するWEBアンケート
【調査期間】  2013年5月29日 ~ 2013年6月2日
【調査対象】   2014年3月卒業見込みの全国の大学4年生、大学院2年生
【有効回答数】 5,261件(文系男子1,127名、理系男子1,026名、文系女子2,340名、理系女子768名)
※2012年卒3月の内定率調査は、東日本大震災の影響を鑑み中止


-------------------

本件に関するお問い合わせ先
株式会社マイナビ
就職情報事業本部 HRリサーチセンター 
TEL.03-6267-4571  FAX. 03-6267-4015
e-mail:hrrc@mynavi.jp

-------------------


-------------------

当社に関するお問い合わせ先
株式会社マイナビ
社長室 広報部 
TEL.03-6267-4155  FAX.03-6267-4050
e-mail:koho@mynavi.jp

-------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事