logo

マルマン株式会社『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』が第22回日本文具大賞 機能部門優秀賞を受賞!

マルマン株式会社 2013年06月10日 16時52分
From Digital PR Platform


創業以来「紙」にこだわり続ける文具製造・販売会社のマルマン株式会社(代表取締役社長 井口栄一、以下マルマン)では、2013年1月下旬より販売しております、『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』が、第22回日本文具大賞 機能部門優秀賞を受賞しました。

日本文具大賞とは、商品情報誌編集長などの審査員により、機能面・デザイン面において、もっとも優れた文具に贈られるアワードです。機能部門とデザイン部門が設けられ、2012年7月7日以降に発表された文具の新製品・リニューアル製品の中から、選定された10製品の中から、グランプリが決定されます。
この度、2013年日本文具大賞 機能部門にて、マルマンの『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』が、高い利便性に評価をいただき、機能部門にて優秀賞を受賞いたしました。

◆“中身のルーズリーフだけ持ち運ぶ派”から、「こんな製品を待っていました!」の声。
40年以上、ファイルノートとルーズリーフを作り続けたマルマンの知恵と技術が詰まった製品◆

『ルーズリーフパッド』は、その名の通り、ルーズリーフをレポートパッドの形状にした製品。従来はルーズリーフだけを持ち運ぶ際に、鞄の中で折れたり、パッケージが劣化して困る、などの問題点があげられましたが、ルーズリーフをレポートパッド状にすることで、状態の良いままバラけることなく持ち運べ、さっと取り出してすぐに書くことも可能です。また、使用している紙はマルマンオリジナル国産筆記用紙。さまざまな筆記用具でテストを重ねて「書きやすさ」を追求して作り出した紙となっています。マーカーペンや油性ペンなどでもインクが裏に透けにくく、にじみにくいため、様々な場面で活躍します。
『ホルダー セプトクルール』は軽い素材、コンパクトな作りとなっているので、セットで使用しても重さや大きさを感じさせない設計。 『ルーズリーフパッド』をより良い状態で携帯・保管できるだけでなく、表紙には書いて切り離したページ、持ち運びたいページを挿入できるポケットと、不意に開かないように留められるゴムバンド付きで、機能性に富んだ仕様になっています。特にルーズリーフの使用頻度が高く、授業での移動も多い大学生の方からは「こんなルーズリーフを待っていた!」「これ一つで授業にいけるので鞄の中がスッキリ!」と、嬉しいコメントも頂き、大変ご好評いただいております。
『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』は、スマートなルーズリーフスタイルを実現し、ビジネスや勉強など、様々な場面を盛り上げてくれる、新しい発想のアイテムです!


◆自宅保管用のファイルノートと連携して使用!「マルマン ファイルノートシステム(R)」をさらに充実させる
『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』◆

「マルマン ファイルノートシステム(R)」とは、マルマンが展開する、約300種類のファイルノートやルーズリーフ、アクセサリーの総称。気軽にページの差し替えや追加、中身の編集ができるだけでなく、タブやクリアホルダーなどのアイテムも充実しているので、それぞれのニーズにあう組み合わせが可能です。使う人も使う場面も選ばない、どんな用途にも対応できる充実したラインアップが特徴です。
 今回、優秀賞を受賞した『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』は、そんな「マルマン ファイルノートシステム(R)」をさらに便利に、使いやすくする新しい発想のアイテム。外出先には軽くてスリムな『ルーズリーフパッド&ホルダー セプトクルール』を持ち歩き、書き込んだ用紙はホルダーのポケットに。自宅に返ったら、たっぷり収納の『セプトクルールファイルノート ワイド』にきちんと整理して保管…、というように、シーンに合わせた使い方を実現します。状況に合わせたアイテム選びが可能なファイルノートシステムを、さらに充実させ、“書くこと”を、もっとスマートにする製品です!

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事