logo

バイドゥ、グローバル展開を強化

~世界8ヶ国で展開しているhao123新機能追加で、海外事業の強化を加速化~

バイドゥ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 Alan Zhang、以下バイドゥ)は、グローバル展開について、ナビゲーションサイトhao123をグローバルプロダクトの一つとして、更なる強化を実施します。

中国最大の検索エンジン会社であるBaidu,Inc(本社:中国北京市、代表者:Robin Li)は、
2011年の年末より、グローバルプロダクトとしてhao123をスタートしました。

革新的なナビゲーションサイトであるhao123はユーザー行動に基づき、トップページに主要サイトのアイコンを表示し、カテゴリ-ごとに分類されたテキストボタンにより、ユーザーが求めるサイトにスムーズに遷移できるナビゲーションサイトです。





現在は、世界8カ国(ブラジル、エジプト、タイ、インドネシア、ベトナム、サウジアラビア、中国、日本)でグローバル展開を行っています。中国では、すでにマンスリーアクティブユーザー数6000万(*アクティブ・ユニークユーザー/月間)近くを抱えている最大のナビゲーションサイトとなっています。

※1.ブラジルのhao123 リンク

※2.エジプトのhao123 リンク

ブラジルではマンスリーアクティブユーザー数2000万を誇る最大級のナビゲーションサイトに成長し、この度の日本での新機能追加はブラジルでの成功モデルを参考にしています。

Baiduが長年研究しているユーザー行動のモジュールは、ユーザー行動が異なる国々において、Baidu独自のアルゴリズムで、各国のユーザーに合わせた最善のユーザビリティーと操作性を提供しています。今回の新機能は、使用頻度に応じて各アイコンが自動的に整理されるオプティマイズ機能をより重視しており、ユーザーが訪れたいサイトアイコンや情報を効率的かつスピーディーにお届けします。


主な新機能は、

1)「よく訪問するサイト」を自動で集約
ユーザーが頻繁に利用するサイトを自動で集約し、アイコンを探す時間を短縮することが可能になりました。これにより、個人のユーザーごとにオプティマイズができるようになります。

2)Facebookフィードをhao123上で表示
hao123のサイト上からFacebookにログインができ、ニュースフィードの確認・書き込みができるようになりました。hao123を1つだけ開いていれば、他のブラウザを開くことなく快適にFacebookを利用できます。

3)ニュースフィードを追加
最新のニュースやスポーツ情報をhao123から閲覧できます。将来的に表示されるニュースフィードは個人の趣味趣向に合った情報を自動的に表示する機能もリリースされる予定です。


ユーザー行動が違う主要国においてBaiduが成長し続けていく為にも、グローバルでの成功モデルを各国にローカライズすることで最善のサービスを提供し続けていけると考えています。
Baiduはhao123やその他のプロダクトを通じてグローバル展開の強化と拡大を図ってまいります。


■バイドゥ株式会社について
世界の検索市場において第2位の利用実績を記録し、米国NASDAQへ上場しているグローバルサイト「Baidu.com」の日本法人。2008年1月に日本市場向け検索サービス「Baidu.jp」をリリース以降、2009年12月に「Baidu Type(ベータ版)」(2011年3月に『Baidu IME』と改称)リリース、2011年12月よりAndroidアプリ、日本語入力キーボードSimejiなど新サービスを次々に公開しています。
Baidu IMEのオフィシャルサイトURL: リンク
SimejiのオフィシャルサイトURL:リンク


■hao123(ハオイチニーサン)について
Baiduが展開するグローバルナビゲーションサービスです。トップページに主要サイトのアイコンを表示し、カテゴリ-ごとに分類されたテキストボタンにより、ユーザーが求めるサイトにスムーズに遷移でき、快適・便利なネットライフを提供致します。
デバイスとしては、PCをはじめモバイルスマホそれからアプリと幅広く展開しています。
hao123のオフィシャルサイトURL: リンク


<hao123への広告出稿お問い合わせ先>
hao123では世界8カ国(ブラジル、エジプト、タイ、インドネシア、ベトナム、サウジアラビア、中国、日本)での広告出稿も承っています。
バイドゥ株式会社 マーケティング・広報部
〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー
E-MAIL:info_jp@baidu.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。