logo

FlesselとKDDIが協業運営する「auお買い物サーチ」を大刷新し、auポイントプログラムに統合

プレスリリース
2013年6月6日
株式会社Flessel
-----------------------------------
FlesselとKDDIが協業運営する「auお買い物サーチ」を大刷新し、auポイントプログラムに統合
~auポイントの利便性を改善し、コンバージョン向上を促す~
-----------------------------------

 株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役CEO:宇佐美 進典)の100%子会社で、モバイル・スマートフォン向けメディア事業を支援・展開する株式会社Flessel(東京都渋谷区、代表取締役:寺田 昇平)とKDDI株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下KDDI)が協業運営しているポイントサイト「auお買い物サーチ」が、2013年6月6日より「au ポイントプログラム」に統合され、auポイントを「ためる」サービスとなります。ポイント獲得履歴機能やau IDのみでポイントをためることができるコンテンツを大幅に拡充することで、auポイントおよびサービスの利便性改善およびコンバージョン向上をめざします。

 Flesselでは今後も、蓄積されたユーザーの行動分析やノウハウを活かしたキャンペーンやコンテンツを開発し、「auポイントプログラム」の更なる利便性の向上を支援してまいります。また、ポイントサイト「ECナビ」( リンク )やポイント交換サイト「PeX」( リンク )など、各グループメディアの運営によって培ったポイントシステムやポイントサービスの開発・運営ノウハウなどを活かし、会員組織を持つ企業に対してのソリューション提供を一層強化してまいります。


【リニューアル概要】
2010年6月よりFlesselとKDDIが協業運営しているポイントサイト「auお買い物サーチ」では、auポイントをためるのに会員登録をする必要がありましたが、今回のリニューアルで「auポイントプログラム」に統合されるのを機に、au IDのみでポイントをためることができるコンテンツが大幅に拡充されました。また、リアルタイムで更新されるポイント獲得履歴機能も追加し、「ショッピング」や「会員登録」「アプリダウンロード」など、auポイントを貯める方法を一覧表示することでユーザーは、自分に合った方法を一目で選択することが可能になりました。

(1)au IDのみでポイントがたまるコンテンツの大幅拡充
各サービス毎の会員登録の手間を省き、au IDのみでサービスを使ってポイントをためることができるコンテンツを大幅に拡充することで、利便性を改善し、ユーザーのコンバージョン向上を促します。

(2)auポイント獲得履歴機能の追加
auポイントの獲得状況をほぼリアルタイムで更新し、ユーザーはいつでも確認することができ、ポイント獲得意欲を促します。

(3)貯める方法の一覧表示
ショッピングや会員登録、アプリダウンロードなど、auポイントをためる方法を一覧表示することで、ユーザーは一目で自分に合った方法を選択でき、auポイントをためることが可能です。

(4)ユーザー分析に基づいたキャンペーンやコンテンツの拡充
ポイントサービス運営のノウハウとユーザー分析に基づいたキャンペーンやコンテンツを拡充し、ユーザーの活性化を図ります。

(5)無料スマートフォンアプリ「ポイント ためる」の提供
・au Market:リンク
・対応機種:Android対応端末(OS:Android 2.3以上 ※一部端末・タブレットを除く)
・主な機能:アプリダウンロードや会員登録、ショッピングなどでポイントをためることができます。




■ 株式会社Flessel   リンク 
代表取締役:寺田 昇平(テラダ ショウヘイ)
取締役:宇佐美 進典(ウサミ シンスケ)/永岡 英則(ナガオカ ヒデノリ)
監査役:児玉 裕二(コダマ ユウジ)
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス7階
設立:2012年10月3日 
資本金:3,000万円
事業内容:モバイル/スマートフォン向けメディア事業
運営メディア:ECナビ携帯サイト



-----------------------------------
【本件に関するお問合せ】 株式会社VOYAGE GROUP広報室:江頭(エトウ)
TEL:03-5459-1044 FAX:03-5459-4223 E-mail:pr-info@voyagegroup.com
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事