logo

GuestLogix、中国初の格安航空会社の春秋航空と複数年契約を締結

GuestLogix Inc. 2013年06月05日 15時15分
From JCN Newswire

機内小売プログラムの成長のために同社の幅広い技術プラットフォームを使用

TORONTO, ONTARIO, June 5, 2013 - ( JCN Newswire ) - 航空会社および航空旅行業界向け機内小売および決済技術ソリューションの大手グローバルプロバイダ、GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は、春秋航空の全機材に機内小売技術プラットフォームを展開する複数年契約を、本日発表しました。POSハンドヘルドデバイスなどのGuestLogixのソリューションは、春秋航空のフライト中に機内で、フード、ドリンク、目的地のアクティビティ、免税品などの購入の支払を受け入れるために展開される予定です。同社のOnTouc(R) Analyticsプラットフォームはまた、同社の機内小売業績の最適化のために活用される予定です。春秋航空は中国本土で初めての格安航空会社ですので、GuestLogixがこの地域の市場に強力に参入することを示しています。

「中国国内市場で支配的な大手企業との契約を確保したことは、アジア太平洋地域の航空業界に強力で安定したペネトレーションを継続していることを象徴しています。」と、GuestLogix社長兼CEOのBrett Proudは述べました。「中国はアジア太平洋地域最大の航空市場で、アジア太平洋地域は世界最大の市場です。中国初の格安航空会社向けの補助収益実現は、弊社にとって大きな契約獲得で、春秋航空の革新的な機内小売戦略を前進させる支援をすることを楽しみにしています。」

GuestLogixの機内小売プラットフォームとPCI準拠のハンドヘルドPOSデバイスは、春秋航空の国内線と国際線の全60ルートで実装される予定で、フード、ドリンク、免税品、目的地のアクティビティなどの章雛の購入時に主要なクレジットカードを利用できるようになります。機内でクレジットカードを受け付け、小売管理プロセスを合理化することで、乗員の効率性を向上し、その結果、機内サービスを高めることができます。GuestLogixのOnTouch(R) Analyticsプラットフォームを使用する目的は、全フライトの在庫を最適化し、改善する点を洗い出し、春秋航空が機内での補助収益生成をさらに拡大できるようにすることです。

「春秋航空はお客様に中国で最もお得な航空料金を提供だけでなく、創業以来イノベーション、安全性、効率に力を注いできました。」と、春秋航空補助収益部門本部長のZhang Xiaoluは述べました。「春秋航空と旅客の両方にメリットを与える収益性の高いBuy on Boardプログラムを実行する施策の一環として、機内小売技術のエキスパートであるGuestLogixと提携することを決定しました。両社の知識や専門能力を合わせれば、顧客サービスを向上し、業績を上げることができると信じています。」

春秋航空は、国際的プレゼンスを拡大し続けており、主に春秋航空ウェブサイトを通じた航空券の中国国内でのインターネットおよびモバイル直販を開拓するなど、業界内のトレンドを決める企業として知られています。春秋航空は、常に新しいことに最初に挑戦する企業であることを自任しており、中国の空の旅やアジア太平洋地域の航空業界を改革し続けています。

「GuestLogixを代表して、春秋航空を弊社の顧客ベースにお迎えすることを、喜ばしく感じています。」と、GuestLogixグローバル販売担当EVPのIlia Kostovは述べました。「世界の格安航空会社向けの大手機内小売技術プロバイダとして、弊社は、春秋航空の機材への円滑な展開に、我々の業界知識と経験を活かして行きますので、ご安心ください。」

春秋航空との契約により、GuestLogixは910万人の旅客へサービスを提供することになります。

春秋航空(Spring Airlines)について

Sprintは2004年に創設された民間資本所有の初めての航空会社のひとつです。一方、春秋航空はまた中国初の格安航空会社でもあります。春秋航空は現在A320航空機35機を所有しており、年間旅客数は900万人を超えています。春秋航空は差別化されたサービスとイノベーション能力で有名で、中国初の機内ショップのビジネスモデルを開始しています。同社はまた、機内小売ビジネスを開始した大手航空会社でもあります。

GuestLogixについて

GuestLogix Inc. (TSX: GXI)は機内販売関連の技術と商品化ソリューションの大手グローバルプロバイダで、信頼される機内取引処理パートナーとして培った10年以上の専門知識を、航空会社、鉄道会社、旅行会社などのお客様に提供しています。GuestLogixは、お客様が真にパーソナライズされたサービスのために、自社と旅客のニーズに合わせた機内小売環境を作成、管理、制御する支援をしています。同社は、ケータリング、免税品、機内エンターテインメントなどのグローバル大手会社と提携して、世界各国の航空会社や鉄道会社に包括的な機内小売サービスを提供しています。GuestLogixのグローバル本社と製品イノベーションセンターは、トロントにあり、地域本社はダラス、ロンドン、香港にあります。詳しい情報は www.guestlogix.com リンク をご覧ください。

(C) 2013 GuestLogix.全版権所有。

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statements)について

このニュースリリースには、現在の期待に基づいた特定の将来予想に関する記述(forward-looking statement)が含まれています。これらの記述には、GuestLogixが運営している事業や環境に関連したリスクと不確実性が伴います。この文書に含まれている記述のうち、過去の事実に関する記述以外はすべて、将来予想に関する記述と見なされます。それらは、同社やその経営陣が関連する範囲内で、「予測」「信じる」「計画」「推定」「期待」「意図」などの表現や、同等の表現により識別できます。将来予想に関する記述は過去の事実ではありませんが、将来の業績または出来事に関するGuestLogixの現在の期待を反映しています。将来予想に関する記述は、多くのリスクと不確実性の対象となっていますので、実際の結果または出来事が現在の期待から大幅に異なる可能性があります。これらの事項は、2013年5月15日に規制当局に提出された文書の「リスクと不確実性」に記載されています。GuestLogixは、将来予想に関する記述を更新する義務や、実際の結果が将来予想に関する記述に反映された内容と異なる場合がある理由について更新する義務を負いません。

Dan Thompson
GuestLogix
マーケティング、広報およびIR担当VP
+1-416-849-1566
dthompson@guestlogix.com

概要:GuestLogix Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。