logo

◎MDTが台湾国際コンピューター見本市で最新鋭TMR磁気センサーを展示

マルチ・ディメンジョン・テクノロジー 2013年06月05日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎MDTが台湾国際コンピューター見本市で最新鋭TMR磁気センサーを展示

AsiaNet 53215
共同JBN 0636 (2013.6.5)

【ローズモント(米イリノイ州)、張家港(中国)2013年6月5日PRN=共同JBN】トンネル磁気抵抗効果技術(TMR技術)の大手サプライヤーであるマルチ・ディメンジョン・テクノロジー株式会社(リンク、MDT)は、2013 Sensors Expo(リンク)で、1マイクロアンペアの超低電力消費のTMR磁気スイッチ、新開発の超低ノイズのTMRリニア磁界スイッチを含むTMR磁気センサー製品のラインアップを展示する。MDTのTMR磁気センサーはフローメーター、近接スイッチ、ポジションおよびスピードセンサー、磁界センサー、電流センサーなどのアプリケーション向けに設計されている。

このリリースに関するマルチメディア資料を閲覧するには以下をクリック。
リンク

 (Photo: リンク

 (Logo: リンク

MDTは、TMR磁気センサーの最初の製造メーカーである。MDTの強力なIPポートフォリオと最新鋭の生産施設によって、MDTのTMR磁気センサーはホール効果、異方性磁気抵抗(AMR)、巨大磁気抵抗(GMR)を含む既存の磁気センサー技術の主要な利点を実現するとともに、従来の磁気センサー製品にはこれまで備わっていなかった超低電量消費、高感度、広いダイナミックレンジ、優れた熱安定性などの優れた性能が、独自の組み合わせで備わっている。MDTは、製品ラインアップを増強して、商用センサー市場にTMR技術のあらゆる優位性を提供する。

マルチ・ディメンジョン・テクノロジーのソン・ジュウ会長兼最高経営責任者(CEO)は「MDTのTMR磁気センサーは初の市販製品であり、厳しい性能制約を伴う電池式の高性能アプリケーションには最適である。われわれは、設計サービス、スタンダードあるいはカスタムパッケージのTMRセンサー、カスタム・センサーモジュール、アプリケーション・ソリューションを含む幅広いサービス・オプションによって、当社の顧客に最高の価値を提供することを全面的にコミットしている」と語った。

TMR技術は最新の磁気センサー技術である。TMR技術は、商用磁気センサーのアプリケーションに先立って、磁気ディスクドライブ業界での成功を実証し、同技術が過去10年間にわたり、高性能、コスト効率、信頼性がある技術であることを証明した。

▽MDTのTMRセンサー・ポートフォリオの主要な機能
 *TMRスイッチセンサー(リンク):高速運転で1マイクロアンペアの超低電力消費
 *TMRリニアセンサー(リンク)、受注生産の高性能センサー:>20mV/V/Oeの超高感度。超低ノイズのスぺクトル密度、1nT/rtHz @1Hz、<100pT/rtHz @1kHz。>50 Oeの広いダイナミックレンジ。超低ヒステリシス
 *TMR歯車センサー(リンク):<0.5mmの小ピッチ検知
 *TMR角度センサー(リンク):360度測定。100%の供給電圧で高振幅シグナル出力

▽主なMDTのサービス
 *ウエハー、ベアダイ、標準あるいはカスタムパッケージでのTMRセンサー提供
 *カスタムAMR/GMR/TMRセンサー設計サービス
 *カスタム・センサーモジュール設計およびアプリケーション・ソリューション

▽MDTについて
マルチ・ディメンジョン・テクノロジー(MDT)は2010年、中国江蘇省張家港市に設立され、支社は上海、米カリフォルニア州サンノゼにある。MDTは、独自の知的財産ポートフォリオと最も要件の厳しい需要を満足させる高性能、低コストのTMRセンサーの量産をサポート可能な最先端製造能力を保有している。MDTは磁気センサー技術とエンジニアリング・サービスにおけるエリート専門家と熟練した人たちから成る中核管理チームに率いられ、同社顧客のために付加価値を創造し、その成功を確実にすることをコミットしている。

MDTに関する詳細はリンクを参照。

▽報道関係問い合わせ先
Jinfeng Liu,
jinfeng.liu@multidimensiontech.com,
Tel: +1-650-275-2318 (US),
+86-189-3612-1156 (China)

ソース:MultiDimension Technology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。