logo

◎LIFESAVERが人道目的のポータブル無菌飲料水製造設備を発売

LIFESAVER systems 2013年06月04日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎LIFESAVERが人道目的のポータブル無菌飲料水製造設備を発売

AsiaNet 53261
共同JBN 0659 (2013.6.4)

【コルチェスター(英国)2013年6月3日PRN=共同JBN】LIFESAVER(登録商標)ファミリーの最新製品、LIFESAVER(登録商標)キューブが人道的な危機や自然災害に向けて開発された。LIFESAVER(登録商標)キューブは製造、運搬、使い勝手が容易なため、人道目的に最適のコンパクトで頑丈な製品だ。キューブ一つあれば、5メートルトンの無菌飲料水を必要とされる場所、必要とされる時に製造することができる。

LIFESAVER(登録商標)キューブには実証済みで特許を得たLIFESAVER(登録商標)技術が使われている。いかなる化学物質や電気またはUV光も使わずに、水からバクテリア、ウイルス、嚢子、寄生動物や菌類などの飲料水を媒介する微生物病原菌をすべて取り除くことができる唯一のポータブル水ろ過技術である。

LIFESAVER(登録商標)キューブは政府や非政府機関が使う災害対応ツールキットを大きく変えるものだ。このキューブはパレット貨物にして緊急に展開できるため、危機にひんした地域社会に対して自らの力で無菌飲料水を作る能力を提供することができ、対応チームの方は食料、健康、住居など他の問題に対処することができるようになる。LIFESAVERキューブは緊急援助を必要とする人に提供するための実証済みの良いソリューションを探していた非政府組織やグローバルな救援組織にとってコンパクト、軽量でコストもかからない新たな手段になる。

マネージングディレクターのアシュトン・ハント氏は「LIFESAVERキューブの開発は当社の人道に対するコミットメントの表れだ。オックスファムや英国際開発省からフィードバックをしてもらい、設計、テストに12カ月もかけずに、ユニークで世界クラスの製品を製造した」と述べた。

LIFESAVER systemsはISO 9001認証を取得しており、6年以上にわたって独自技術に基づいた人道、緊急即応、軍事、小売りの4分野の製品を世界市場向けに製造してきた。世界の多くの軍事分野の顧客に関しては、LIFESAVERボトル、ゼリー缶が欧州、東南アジア、中近東で使われている。人道分野では、LIFESAVERはオックスファム、赤十字、Shelternow、国境なき医師団と緊密な関係を保っており、その一方、英国際開発省(DFID)が緊急に展開する英緊急対応資金の一翼を担っている。LIFESAVERの小売商品はウェブサイト(リンク)で直販されている。

(編集者注)
*発明者兼創立者マイケル・プリチャード氏についての詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。
*LIFESAVER技術はロンドン大学衛生熱帯医学大学院により認証されている。
*LIFESAVERは2013年5月、BBC 2「Tomorrow's World」の「Horizon」で特集された。
*LIFESAVERは2013年9月の「英国軍事・セキュリティー展示会(DSEI)」に出展予定。

ソース:LIFESAVER systems

▽問い合わせ先
Rachael Gordon, Marketing Manager
rachaelgordon@lifesaversystems.com
+44(0)1206-580999

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。