logo

◎PowerbyProxiがQi互換性のある高度共振技術を公開へ

PowerbyProxi 2013年06月04日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎PowerbyProxiがQi互換性のある高度共振技術を公開へ

AsiaNet 53237
共同JBN 0645 (2013.6.4)

【プレサントン(米カリフォルニア州)2013年6月4日PRN=共同JBN】PowerbyProxi(リンク)はワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)(リンク)と提携して、6月4日から8日まで台湾・台北で開かれる2013年台湾国際コンピューター見本市(Computex 2013)で、次世代のQi技術を展示する。同社は、PowerbyProxiの高度共振(resonant)技術を内覧し、完全な空間的自由、複数デバイスの同時充電、既存のQi仕様との相互運用性を紹介する。

PowerbyProxiは5月中旬にWPCに参加したワイヤレス給電ソリューションの大手デベロッパーであり、実績を積んだサプライヤーである。PowerbyProxiの上級副社長兼最高技術責任者(CTO)のファディー・ミシュリキ氏は「当社の目標は、当社の専門的技術と知的財産を共有するとともにQi標準規格の技術力を前進させることに寄与し、究極的には顧客に最高の体験を提供することにある。われわれはコンピューター見本市でこのプロトタイプを公開し、仕様を拡張するとともに既存Qiエコシステムとの下位互換性を確立する計画を示すことによって、WPCへの貢献を素早く開始したことを実証した」と語った。

PowerbyProxiは6月4日から8日まで台湾世界貿易センターの展示ホール3に設置するWPCブースG436で高度共振技術の内覧会を開く。

▽PowerbyProxiについて
PowerbyProxiは、家庭用電化製品(CE)と業界市場における高度かつ安全なワイヤレス給電ソリューションのリーダーである。当社は完全な空間的自由と複数デバイス充電によって、より良い顧客体験を提供し、厳しくかつ不利な産業環境における極めて重要な問題を解決する。当社は技術をライセンス供与し、モジュールをバッテリーおよび半導体サプライヤー、OEM/ODM、システム・インテグレーターに提供して1ワット以下から数キロワットまでの範囲で実証済み高度共振技術を実装する。PowerbyProxiは、ワイヤレス給電ソリューションでリーダーとして国際的に認知されたオークランド大学からスピンアウトした、ベンチャー資本から支援を受ける企業であり、世界で125件の広範な特許ポートフォリオを保有している。詳細はウェブサイトリンクを参照。

ソース:PowerbyProxi

▽問い合わせ先
Alice Chan
Bird PR
+1-415-740-8174
alice@birdpr.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。