logo

アベノミクスで企業価値向上の請負人ニーズが増加。投資ファンド向け人材スカウト事業を拡大

株式会社プロフェッショナルバンク 2013年06月03日 14時19分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年6月3日

株式会社プロフェッショナルバンク

アベノミクスで企業価値向上の請負人ニーズが増加。
投資ファンド向け人材スカウト事業を拡大

ヘッドハンティングと専門職の転職支援を展開する株式会社プロフェッショナルバンク(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:児玉 彰)は、プライベートエクイティファンド(以下PEF)に特化したスカウト事業を強化する。6月からプロジェクトチームを立上げ、スカウト人員を増員して事業展開する。

■プロジェクト発足の背景
昨年末の政権交代をきっかけとした経済政策、いわゆる「アベノミクス」を背景に、投資先の企業価値を一気に高められると判断したPEF各社が、その企業価値を上げる為のスペシャリスト人材の採用を強化している。PEFは、株式を公開(上場)していない企業に株式投資し、その企業の成長や再生の支援を行うことを通じて株式価値を高め、IPOや他社への売却を通じて利益を得ることが役割。投資先企業に再生や成長を担う人材を送り込んでマネジメントするハンズオン型の支援をとる場合が多い。

08年のリーマンショック以降、PEFが積極採用していたのは、衰退期の企業に送り込まれるCFOやターンアラウンド・マネージャーといった企業再生のスペシャリストが多かった。2013年以降は、そのニーズは減少し、代わって成長期の企業の更なる価値向上を担う、海外営業や新規事業などのマネジメント人材のニーズが増加している。当社に寄せられたマネジメント人材の問合せ数は、2013年1月~5月で前年同期比の約4倍と急増しており、今後もPEFからの資本投入で事業成長を望む非上場の中小企業が増えることが予想され、より機運が高まると判断して人員の強化を図った。

■今後について
PEFに対するプロジェクトは専任のコンサルタントとリサーチャーを倍増し、2014年度3月期までに50件の成約を目指す。プロジェクトチームは顧客企業となるPEFの要望に応じてスカウト対象者をサーチして接近し、PEF投資先の非上場の中小メーカー、エネルギー、コンシューマー系企業へ移籍させる。対象者は各業界のスペシャリストで年収900万円~2000万円の人材。また、今後はPEFの投資先案件だけならず、企業価値を高める為に同様の人材を自社採用するニーズが上場会社を中心に増えると想定しており、リサーチ要員の更なる増員も視野に入れて活動する。

■株式会社プロフェッショナルバンクについて
人材サービス大手である株式会社パソナの代表取締役を務めた上田宗央、元役員メンバーを中心に、2004年に設立された会社である。人材サービス業界での豊富な経験とノウハウをベースに、経営幹部から管理職などのミドル層、及び研究・開発などの専門職を中心としたヘッドハンティングサービス『プロフェッショナルバンク・サーチ』、キャリア女性に特化したヘッドハンティングサービス『プロフェッショナルバンク・ウーマン』、など、次世代ビジネスリーダーの採用支援サービスを多数展開している。また、世界40カ国900ヶ所以上にサーチ・リクルートメントネットワークを保有する、MRINetworkの国内フランチャイズオフィスであるエム・アール・アイ・ジャパンをグループ会社として保有し、グローバル展開も行っている。

『プロフェッショナルバンク・サーチ』 リンク
『プロフェッショナルバンク・ウーマン』リンク
『MRI NETWORK TMG』       リンク

■会社名 :株式会社プロフェッショナルバンク
■代表者 :兒玉 彰   
■設 立 :2004年10月5日    
■資本金 :2億5500万円
■所在地 :東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル22階 
■URL :リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。