logo

テクトロニクス、業界トップクラスのリアルタイム信号解析製品ラインアップを2013 MTT-S IMSで展示

テクトロニクス 2013年06月03日 12時09分
From Digital PR Platform


報道発表資料翻訳
2013年6月3日

[2013年5月28日 オレゴン州ビーバートン発]
テクトロニクスは、6月4~6日に米国ワシントン州シアトルで開催される、IEEE MTT-S 2013 International Microwave Symposium(IMS)の展示会(ブース番号:820)で、業界トップクラスのRF/マイクロ波信号生成/解析ソリューションを展示します。無線通信、スペクトラム解析、レーダ、WLAN 802.11xxの信号テストなどのアプリケーションに対応する製品ラインアップを展示します。製品として、AWG70000シリーズ任意波形ジェネレータを展示します。AWG70000シリーズは、高速のサンプル・レート、ロング・メモリ、広いダイナミック・レンジの組み合せを可能にした波形ジェネレータです。展示会ではさらに、リアルタイム・スペクトラム・アナライザ・ソリューション、世界初のミックスド・ドメイン・オシロスコープも操作いただけます。

混雑した無線スペクトラムにおけるデジタルRFの進歩により、わずかなスペクトラム発生でも取込めるようなシグナル・アナライザが求められています。テクトロニクスは、時間と共に変化する信号のトランジェントを直感的なライブ・カラー表示で観測できる、画期的なDPXスペクトラム表示でこのニーズに対応した、業界初の計測器メーカです。ハンドヘルド・タイプのH500/SA2500型から高性能なRSA6000シリーズまで、テクトロニクスはDPXリアルタイム信号解析機能を装備した、業界で最も豊富な製品ラインアップを揃えています。

テクトロニクス、ソース・アナライザ・プロダクト・ライン、ジェネラル・マネージャのJim McGillivaryは、次のように述べています。「RFのエンジニアは、以前にも増して、短時間の信号、高速なスプリアス測定、効率的なトラブルシュートによる信号解析を必要としています。このニーズへの対応を開始したばかりのメーカがある中、テクトロニクスはこのカテゴリを創出し、SPECMONシリーズによる干渉特定ソリューション、新しいミッドレンジのRSA5000シリーズ・スペクトラム・アナライザなどの画期的な新製品を発表しています」

スペクトラム管理のアプリケーションでは、従来の技術による未知の信号を取込み、特定する問題点についてデモします。次に、SPECMONを使用して最小3.7μsのイベント信号を100%のPOI(Probability Of Interest、捕捉確率)で検出し、取込むことにより、迅速なトラブルシュートが可能になる様子をご覧いただきます。

このデモにおいて、お客様にはライブ波形から6つの信号源を当てていただきます。正解者はiPad Miniが当たる抽選にご参加いただけます。

レーダに従事されるエンジニアに対しては、AWG70000リーズ任意波形ジェネレータを使用し複数のハイスピード・レーダ・パルス生成をデモします。次に、RSA6000シリーズ・スペクトラム・アナライザのDPX Densityトリガを使用し、最高110MHz、広いダイナミック・レンジで特定のレーダ信号を検出する様子をご覧いただきます。

AWG70000シリーズは、最高20GHzのベースバンド、IF、RF周波数の広帯域信号を、-80dBc以上のダイナミック・レンジで出力します。最大16Gワードの波形メモリにより、実際の信号環境をシミュレーションするのに十分な長さの信号を出力できるため、市場に出回っているどのシグナル・ジェネレータよりも柔軟なワイドバンド信号生成が可能です。

テクトロニクスは協力企業であるOctoscope社と共に、MDO4000シリーズ・ミックスド・ドメイン・オシロスコープで802.11gバースト信号の解析をデモします。MDO4000シリーズは、スペクトラム・アナライザを統合した世界初のオシロスコープであり、テクトロクスはマイクロ波、RF市場に毎年のように画期的な技術革新を提供し続けています。

<IMSについて>
IMS(International Microwave Symposium)は、IEEE MTT-S(Microwave Theory and Techniques Society)によって毎年開催される会議/展示会です。展示会では550社以上の企業による展示、さまざまな商用/防衛用アプリケーションのための無線通信、レーダ、RF技術、高周波半導体、電磁技術に関する160以上の技術プログラム、ワークショップ、パネル・ディスカッションが予定されています。詳細については、IMS2013のウェブ・サイト(www.ims2013.org)、Facebook(www.facebook.com/IEEE.MTTS.IMS)、Twitter(twitter.com/MTT_IMS)をご覧ください。

<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22
カ国で事業を展開しています。詳しくはウェブサイト(www.tektronix.com/ja) をご覧ください。

<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク

<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL リンク

TektronixおよびテクトロニクスはTektronix, Inc.の登録商標です。本プレスリリースに記載されているその他すべての商標名および製品名は、各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事