logo

アヴィレ(自転車市民共同利用システム)のサービスについて

富山市 2013年06月03日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

平成25年6月3日

富山市

低炭素社会実現に向けたまちづくりを進める富山市
先進的なコミュニティサイクル・システム「アヴィレ」

 富山市では平成22年3月から、先進的なコミュニティサイクル・システム「アヴィレ」を、市中心部に導入しています。
 「アヴィレ」は、150台の自転車と主に公共交通の駅やホテルなどの宿泊施設周辺に設置した15カ所のステーションにより構成され、自転車は24時間いつでも好きなステーションでレンタルし、好きなステーションに返却することができます。事前に会員登録が必要ですが、1回の利用が30分以内であれば基本料金のみで何度でも利用可能となっています。
 今年の3月末までで累計利用回数が12万5千回を超えた「アヴィレ」は、観光客などの短期利用者向けのパス(1日パスや2日パス)を発行しており、市の中心部を走るセントラム(路面電車)などの利用と合わせ、快適な富山の観光をサポートしています。
 1日パスは富山市内の契約ホテルや、市営駐車場などにおいて、料金は300円でどなたでも購入できます。
 今年度はステーションを2カ所増設する予定にしており、さらなる利用者・利用回数の拡大をめざし、今後とも「アヴィレ」をサポートしていきます。

[シクロシティ株式会社HP]
リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事