logo

日経新聞と連載30周年「島耕作」がコラボレーション ニュースの読み方が変わる!「島耕作の日経ニュース」AppStoreで提供開始 本日18時より議題配信スタート

株式会社カヤックは、日経新聞と「島耕作」のコラボレーションで誕生したニュースチャットアプリ「島耕作の日経ニュース」を、2013年5月31日よりApp Storeにて提供を開始いたしました。アプリには、連載30周年を迎える「島耕作」シリーズから島耕作が議長役として登場します。

報道関係者各位
プレスリリース

日経新聞と連載30周年「島耕作」がコラボレーション
ニュースの読み方が変わる!「島耕作の日経ニュース」App Storeで提供開始
本日18時より議題配信スタート

株式会社カヤック
2013年5月31日

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、以下「カヤック」)は、日経新聞と「島耕作」のコラボレーションで誕生したニュースチャットアプリ「島耕作の日経ニュース」を、2013年5月31日よりApp Storeにて提供を開始いたしました。

アプリには、連載30周年を迎える「島耕作」シリーズから島耕作が議長役として登場します。毎日朝夕2回、日経電子版のニュースから議題が届き、ユーザーがその議題に対して自由にチャットを繰り広げることができるアプリです。

「島耕作の日経ニュース」 リンク

■「島耕作の日経ニュース」の特徴
◎ダウンロードは無料。参加は簡単!
アプリをダウンロードして、ニックネームなどを登録するだけで簡単にチャットに参加が可能です。楽しくコミュニケーションをしながら、ニュースへの理解を深めることができます。

◎島耕作や「デンシバ」のオリジナルスタンプが登場
議論への参加が楽しくなるよう、漫画でおなじみのコマの中から島耕作のオリジナルスタンプを用意しています。日経電子版のキャラクター「デンシバ」のスタンプも使えます。チャットが進んでいくと、島耕作からのアドバイスや、読者には懐かしいエピソードを聞くこともできます。

■「島耕作の日経ニュース」アプリ概要
ダウンロード:リンク
対応機種:iOS搭載のスマートフォン(iPhone、iPad、iPodに対応)
対応OS:iOS5.1以上
アプリ価格:無料
ニュース提供:日本経済新聞社
島耕作キャラクター提供:講談社
アプリ企画:日本経済新聞社、講談社、カヤック
アプリ開発、エンジン提供:カヤック
アプリ紹介サイト:リンク
 ※アプリのご利用にはパケット通信料が必要です。
 アイテム課金などの費用はかかりません。
 ※アプリのエンジンには、カヤックが運営するグループチャット「Lobi - Chat & Game Community -」のSDKを提供しています。リンク

■日経電子版について
2010年3月創刊の日本経済新聞社が運営するニュースサイトです。新聞紙面をPCやスマホでそのまま読める上、グループ媒体を含む約900本の記事を毎日配信しています。記事の自動収集や最大200本の保存機能も備えています。2013年5月には有料会員30万人を超え、無料会員を含めた会員総数は189万人に達しています。リンク

■「島耕作」シリーズについて
1983年から「モーニング」で連載開始。『課長 島耕作』のタイトルで始まったシリーズは、今年で連載30周年を迎え、現在「モーニング」で『社長 島耕作』、「イブニング」で『係長 島耕作』が連載されています。6月7日(金)に電子版限定で配信される『大町久美子セレクション』など関連本も多数刊行されています。
島耕作30周年記念サイト リンク

【カヤック会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL:リンク
所在地:神奈川県鎌倉市小町2-14-7 かまくら春秋スクエア2階
設立:2005年1月21日
代表取締役:柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
事業内容:日本的面白コンテンツ事業

【本リリースに関する取材などのお問い合わせ】
株式会社カヤック 広報 松原 佳代  前田 良二
TEL 0467-61-3399      MAIL promo@kayac.com
*本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。