logo

“ビアガーデン”、今年は、1人あたりの予算が増加

キリンビール株式会社 2013年05月30日 14時36分
From Digital PR Platform


 キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)では、インターネット上の仮想大学「キリンビール大学」を運営しています。これは、ビールの楽しさ・奥深さをお客様にお伝えすべく2001年7月に開講したもので、美味しいビールの飲み方から、ビールに関する興味深いうんちくまで、様々な学部・施設があり、24時間365日通学できます。
今回は、全国の20歳以上の男女を対象に、「ビアガーデン」に関するインターネット調査を実施し、16,428名の有効回答をいただきました。

 調査の内容と結果の詳細につきましては、下記URLよりご参照ください。
 リンク


<調査概要>
(1)対象: 全国20歳以上の男女 有効回答数16,428名
(2)調査方法:インターネット調査
(3)調査期間:2013年4月22日~4月28日
  ※四捨五入のため、合計値が必ずしも一致しない場合があります。
  ※2012年までは「キリン食生活文化研究所」にて集計。2013年より「キリンビール大学」にて集計。

<トピックス>
■ビアガーデンに行くと答えた人は91.7%、2回以上行くと答えた人は過半数を超えた(50.3%)。
■平均予算は、4,558円と、昨年の3,888円から上昇。
■ビアガーデンに行きたくなる気温は、全体では30℃が最多であるが僅差で28℃が次点。
■食べたいメニュートップ3は、枝豆・焼鳥・唐揚げ。枝豆は年代が上がるにつれて増加し、唐揚げは減少。
■あったらいいなと思うビアガーデンのサービスは、「そこでしか飲めないビールがある」がトップ。
 「全天候型」「全席禁煙」と続く。

キリングループは「おいしさを笑顔に」のグループスローガンを掲げ、いつもお客様の近くで様々な「絆」を育み、「食と健康」のよろこびを提案していきます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事