logo

◎GENIVI アライアンスチーム、W3Cと共同で自動車産業における Web技術の導入を促進

GENIVI アライアンス 2013年05月30日 10時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎GENIVI アライアンスチーム、W3Cと共同で自動車産業における Web技術の導入を促進

AsiaNet 53195

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。


米カリフォルニア州サンラモン、 -  2013年5月29日- GENIVI アライアンスは、ワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C) に加入し、これまでの自動車の専門知識を W3C のオートモティブ&ウェブプラットフォームビジネスグループに提供すると発表しました。

オープンソース車載用インフォテインメント(IVI:In-vehicle Infotainment) リファレンスプラットフォームを開発し、その普及・促進を目指し活動している GENIVI アライアンスは、自動車のハードウェア、移動機械用バスなどとインタフェース接続するために、HTML5 ウェブアプリケーション用の API を定義するプロセスの促進に重点的に取り組んでいきます。

W3C のオートモティブ&ウェブプラットフォームビジネスグループ、(www.w3.org/community/autowebplatform) は、開発者、自動車メーカー、サプライヤー、ブラウザベンダー、オペレータなどが一堂に会し、オープンウェブプラットフォームを利用して運転性、安全性および同乗者の娯楽性を強化する手法について協議する場を2月に設けました。

Jeff Jaffe(ジェフジャッフェ)WC3 CEOは、「自動車業界とW3Cでは、安全性を高めつつ、オープンウェブプラットフォームを利用してドライバーと同乗者が車内でより快適に過ごすための可能性を模索しています」と述べました。「今回の GENIVI の加入は自動車業界におけるさまざまな関係者を確保するうえで重要な役割を果たすことになります。現在のインターネットの重要性を考えた場合、今回の同団体の参加によって得られる恩恵は社会と自動車産業にとって大きなチャンスであると言えます。W3C のメンバーに新たに加わる GENIVI を歓迎いたします」。

ジャガーランドローバー(Jaguar Land Rover)社のMatt Jones(マットジョーンズ)シニアテクニカルスペシャリストは、「HTML5 Auto API は、オープンソースの IVI コミュニティが革新的なユーザーエクスペリエンスコンセプトを迅速かつ手際よくプロトタイプ化、試験、創出できるようにするうえで必要不可欠です」と述べました。「完璧なアプリケーションインタフェースによって可能となる、車両から発せられるあらゆる信号とセンサデータの読み取りを可能にする影響力を軽視してはいけません」。

自動車の HTML5 API は、プラットフォーム全般にわたるアプリケーションを構築するうえで広く利用される技術となることが約束されています。行く行く、こうしたアプリケーションはタブレットからスマートフォンであっという間に導入され、自動車でも適用されることでしょう。つまり、複数の製品において標準化された手法を開発者たちが自動車向けの新しいコンセプトとして打ち出せるようになるときが転機となるでしょう。

PSA プジョーシトロエン(PSA Peugeot Citroen)社のコックピット、セーフティ、インフォテイメント EE モジュールのフィリップジケル(Philippe Gicquel)ゼネラルマナージャーは、「自動車同士がつながりを見せる中、クラウドと簡単に交換でき、最終的にお客様が車に搭載されているデジタル機器を楽しめむために、自動車で採用されるワールドウェブスタンダードから、自動車業界が恩恵を受けることが重要です」と述べます。

バルセロナで行われた GENIVI の最新の全会員出席会議において、W3C は第一回目の会合を開催しました。GENIVI から出席した4社(BMW、PSA、ジャガーランドローバー、マニエッティ・マレリ)に加えて、驚くほど数多くの業界リーダーたちが同団体に加入する予定です。

GENIVI アライアンスについて
GENIVI アライアンスは、オープンソース開発の車載用インフォテインメント(IVI:In-vehicle Infotainment)の導入を推進する非営利団体です。GENIVI は、要件を整備し、リファレンス実装を進め、認証プログラムを提供し、活気あるオープンソースの IVI コミュニティを育成することによってアライアンスの目的を遂行しています。GENIVI の取り組みにより、開発サイクルの短縮、製品の市場投入の迅速化、IVI 機器やソフトウェアの開発における企業のコスト削減に繋がります。 会員数は175社以上にのぼります。GENIVIは、カリフォルニア州 San Ramon(サンレイモン)に本部を構えています。詳細は、www.genivi.org でご覧になれます。


報道関係者お問い合わせ先:
Craig Miner (クレイグ・マイナー)
1 248.840-8368
Cminer1@att.net


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。