logo

◎Videologyがデジタル広告プラットフォーム拡張で6000万ドルの資金調達

Videology 2013年05月29日 16時02分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Videologyがデジタル広告プラットフォーム拡張で6000万ドルの資金調達

AsiaNet 53185
共同JBN 0626 (2013.5.29)

【ニューヨーク2013年5月29日PRN=共同JBN】広告主、代理店、メディア企業向けにテレビからインターネットへのシフトを加速するビデオ技術プラットフォームのVideologyは29日、Catalyst Investorsが幹事を務めた6000万ドルの資金調達をするための「Series D」ラウンドが完了したと発表した。現在、Videologyに投資しているNew Enterprise Associates(NEA)、Valhalla Partners、Comcast Venturesは今回の融資にも応じており、さらに新規の投資家Pinnacle Venturesも加わった。

(Logo: リンク

2007年の創立以来、Videologyのプラットフォームは世界の代表的な代理店、メディア企業によって採用されてきた。今日、同社は12カ国で業務を行い、世界で毎年約900のブランドの広告キャンペーンを実施、3年間の年平均成長率(CAGR)は190%に達している。今回の資金調達からの収入はテレビ・マーケティングの力をパソコン、モバイル、コネクテッド・テレビその他の新規技術を含めた高成長を続けるインターネット利用環境と統合する同社の技術をさらに発展させるために使われることになる。

Videologyのスコット・ファーバー会長兼最高経営責任者(CEO)は「今後も続くテレビとインターネット、モバイル機器とのコンバージェンスが成長のための最大の機会促進になる。当社技術は伝統的な世界とデジタル世界を一つの統一されたプラットフォームでつなぎ、両方の有効性を強化するものだ」として次のように述べた。「当社は先端的な技術プラットフォームを足場に、メディア、モバイル、マルチチャンネル・ビデオ配給会社のための次世代ツールを加えて、さらに当社のエコシステムの連結性を向上させる」

「広告の世界は、伝統的なテレビとクロスデバイスのデジタルメディアの衝突によってメディアスペースの買い手、売り手双方にとってさらに複雑になっている。Videologyの技術プラットフォームは同社の数学、最適化分野の深い基礎、歴史に基づいて、代理店や広告主に対してテレビ・マーケット特有のフィーチャーや仕様を提供すると同時に先端的なターゲティング広告、最適化、コスト削減を可能にしている」

ニューヨークに本拠を置き、技術志向サービスに特化した成長投資ファンドCatalyst Investorsの共同創業者兼パートナーのライアン・マクナリー氏は「消費者はますますビデオをラップトップ、タブレット、スマートフォンで見るようになり、広告主もその傾向を追って支出をシフトさせるなど根本的なシフトが進行している。当社がVideologyに魅力を感じるのは同社の技術がまさしくそのシフトを推進するものだからであり、さらに同社が今後成長を加速させるにあたって、当社が価値を付加できると考えたからである」と述べた

今回再融資を行ったComcast Venturesのパートナー、デービッド・ホロウィッツ氏は「当社は広告主や代理店に向け、伝統的なメディアとデジタルメディアをつないで実行し素晴らしい結果を出すVideologyチームの能力に感心している。当社としては、Videologyは追加の資金、リソースがあれば、今後とも業界の先頭に立ってブランド中心の広告主に対してターゲットを選んだ広告ソリューションを提供し続けると確信している」と語った。

Valhalla Partnersのマネージング・ジェネラル・パートナー、アート・マークス氏は「Videologyは実績のある経営チーム、一貫した成長軌道、革新的な製品ロードマップ、市場の未来の方向についての洞察に関して広告技術分野で突出している。当社にはVideologyがメディア計画、広告在庫管理の新たな世界秩序を推進し、サポートしていく基本的な技術になるとみている。Salesforceが企業の顧客関係管理(CRM)に対する考え方を一変させたのと同様だ」と述べた。

▽Videologyについて
Videology(リンク)は広告代理店、出版社に向けたエンタープライズ・メディア技術企業である。同社のビデオ・プラットフォームを使えば、広告代理店やメディア企業はテレビ特有のフィーチャーや仕様を使ってビデオ広告キャンペーンを計画、送出、管理、モニターできるようになり、同時にデジタルメディアの先端的なターゲティング広告、最適化、効率性の恩恵をこうむることができる。Videology技術はテレビ、デジタル経験を一変させるもので、広告主がふさわしいと考える消費者に対して、それぞれ異なる広告、すなわち適切な広告を見せることができる。

Videology, Inc.は株式非公開企業で、ベンチャー・ファンドの投資を受けており、投資家の中にはCatalyst Investors、Comcast Ventures、NEA、Pinnacle Ventures、Valhalla Partnersが含まれる。Videologyは米メリーランド州ボルティモアに本拠を置き、主な事務所をニューヨーク、オースティン、トロント、ロンドン、パリ、マドリード、シンガポール、シドニーに持ち、北米全体に販売チームを展開している。

▽問い合わせ先
Michele Skettino
Michele@videologygroup.com
or +1-917-653-0073

ソース:Videology

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。