logo

◎ULが2012年度CB認証機関ランキングで、OFFおよびBATTの2つのカテゴリーにおいてトップの座を維持

UL 2013年05月24日 14時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ULが2012年度CB認証機関ランキングで、OFFおよびBATTの2つのカテゴリーにおいてトップの座を維持

AsiaNet 53085

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

ULが2012年度CB認証機関ランキングで、OFF(IT機器)およびBATT(バッテリー)の2つのカテゴリーにおいてトップの座を維持

【2013年5月24日香港PRニュースワイヤ】--

Underwriters Laboratories(UL、ウェブサイト:リンク ) は、先日IECEE(国際電気機器安全規格適合試験制度)が発表した2012年度認証発行実績において、OFF(IT機器)およびBATT(バッテリー)の2つのカテゴリーで第1位の国家認証機関(NCB)となりました。OFF(IT機器)カテゴリーのランキングは1.5ポイント上昇し、第2位との差を広げました。

BATT(バッテリー)カテゴリーでのULのシェアは45%にのぼり、第2位以下の機関を大きく引き離し、第1位の座を維持しました。

また、TRON(AV機器)のカテゴリーではULのランキングは第5位から第3位に浮上しました。今回の結果はすべてULがハイテク分野の認証機関として主導的な位置を占めていることの証であるといえます。

全体的に、2012年度のIECEEランキングにおけるULの結果は目覚ましいものでした。ULは1.5ポイントと実績を大幅に伸ばした唯一の認証機関であり、CBスキーム(IECEE加盟国間の相互認証制度)におけるCB証明書発行数が引き続き2番目に多い認証機関となっています。CBスキーム全体の証明書発行数に占めるULのシェアは17%で、第1位の機関との差は2%以下に縮まりました。これは、ULが顧客のニーズに応え、更にそれを超えるサービスの提供に力を入れてきたこと、また、IECEE関連サービスの戦略的運営に取組んできた結果です。

ULは、エンジニアや専門家を擁する現地事業所を世界各地に設置し、顧客に業界のトレンドやニーズに関する情報を提供するグローバルネットワークを形成しています。今後もULではハイテク関連カテゴリーに力を入れると同時にMED(医療機器) 、HOUS(家庭用機器)等のカテゴリーでも実績を伸ばしていく考えです。ULが持つ専門的価値とサービスに対する顧客の変わらぬ信頼と支援が、ULを世界一の認証機関へと導くことでしょう。

IECEEの公式データは下記のリンクから入手いただけます。

2012年度発行のCB証明書について - リンク
CB証明書に関する統計 - リンク

詳細については、ULグローバル・ハイテク・インダストリー、ビジネス・デベロップメント・マネージャーの Asli Solmaz-Kaiser ( asli.solmaz-kaiser@ul.com ) までお問い合わせいただくか、下記ULウェブサイト上のCBスキームに関するページをご覧ください。( リンク ).

【ULの概要】
ULは、118年以上の歴史を持つ世界トップクラスの第三者安全科学機関です。約10,000名の専門家を有し、世界100カ国に顧客を持つULは、製品安全(Product Safety)、環境(Environment)、ライフ&ヘルス(Life and Health)、セミナー・情報提供(Knowledge Services)、検査・検証(Verification Services)のサービスを提供する5つの事業部門を設置し、拡大する顧客のニーズに対応すると共に、公共安全というミッションに向けた活動を展開しています。ULグループ各社、95の試験/認証事業所に関する詳細はウェブサイト(UL.com)をご覧ください。

出典: UL(Underwriters Laboratories )

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事