logo

FC2 コンテンツマーケット『電子書籍』事業開始 ベンチャー企業Green rompが窓口代理店に

株式会社Green romp 2013年05月23日 14時30分
From RELEASE PRESS



株式会社Green romp(代表取締役社長:野田貴大、以下、Greenromp)は2013年5月23日(木)、FC2, Inc.(以下、FC2)の運営するFC2コンテンツマーケットの『電子書籍』事業開始に伴い、窓口代理店としての受付を開始いたしました。

■FC2コンテンツマーケット『電子書籍』コーナーについて

FC2運営のFC2コンテンツマーケットは、ライトノベル、ビジネス書、小説などといった書籍を電子化し販売することが可能となりました。
リンク

この度、Greenrompは、電子書籍事業における窓口代理店としてコンテンツホルダー様からのコンテンツ供給の受付を開始いたしました。Greenrompの役務は以下の通りです。

・FC2社 公認マークの提供
 オンライン上にて氾濫するコピーコンテンツやコンテンツホルダー様の権利を守るため、また安心してユーザー様にご利用いただけるよう、弊社を通じてコンテンツをご提供いただけますコンテンツホルダー様のアカウントに対し、公認マークを付与させていただきます。

・FC2プラットフォームの集客力
 集客力のあるFC2プラットフォームを活用することが可能です。コンテンツホルダー様の販路拡大のお手伝いをいたします。

・レベニューシェアでの販売・初期費用は無料
 販売の売り上げに応じた利益分配形式ですので、初期費用はかかりません。また、コンテンツのアップロード作業などを無償でお引き受けいたします。


■今後の展開について

キンドルやKOBOといったマーケットと同様のラインナップを目指していきます。ユーザー様に対しては、電子書籍ならではの金額設定を、またコンテンツホルダー様にたいしては電子書籍ならではの利益率でクリエイターやその関係者の支援ができればと考えております。


■FC2コンテンツマーケットとは

「FC2コンテンツマーケット」は、FC2利用者がコンテンツ販売、購入する場を、ウェブ上で提供しているサービスです。

自作シェアウェアなどの PCソフト、投資ソフト、同人誌、動画、写真など、様々なデジタルコンテンツを、誰でも簡単に販売、購入することが可能です。現在の登録者数は12万人。毎月10%のペースで会員数は増加しております。

<代理店事業 概要まとめ>

FC2コンテンツマーケット『電子書籍』事業 窓口代理店業務
利用料金 :初期費用無料      
売り上げのレベニューシェア方式 
(詳細はGreenrompまでお問い合わせください)
受付開始日:2013年5月23日入稿形式:Jpegファイル


■Green rompプロフィール

CEO野田貴大(元・博報堂)、COO増田桂己(元・電通)と、ともに広告代理店出身。自社サービス『Arrow』、『bemool』、『声師』、『アプリつくーる』、過去『コンブガチャアプリ』をFC2社に事業譲渡。2011年に創業。増田は、前々職の株式会社ポケモンにてコンテンツ関係の業務も経験。今回の代理店事業の責任者を担当。


■会社概要・お問い合わせ

会社名:株式会社Green romp(グリーンランプ)
代表者:代表取締役社長CEO 野田貴大
資本金:7,600千円
会社URL:リンク

<お問い合わせ、取材ご依頼は>
Email:info@green-romp.com
担当:増田桂己

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。