logo

◎ブラジル市場参入力を強化 コティがFrajoと合弁事業

コティ 2013年05月23日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ブラジル市場参入力を強化 コティがFrajoと合弁事業

AsiaNet 53086
共同JBN 0583 (2013.5.23)

【ニューヨーク2013年5月22日PRN=共同JBN】ビューティー業界の新興リーダー、コティ社(Coty Inc.、リンク)はこのほど、ブラジルで同国の大手化粧品販売企業Frajo Internacionalと合弁事業を立ち上げると発表した。新事業はコティのマス/マスティッジブランドを小売りルート経由で販売する。

コティのミシェル・スカナビーニ最高経営責任者(CEO)は「ブラジルはビューティー業界で最大級の市場。Frajoはビューティーに対するわれわれの情熱を共有しており、最適のパートナーだ。ともに、新コティブランドの主要市場参入を待ち望んでいる」と語った。

Frajoの創業者でもあるフランク・ルンドCEOは「コティと提携、専門知識の恩恵を受けることは、ブラジルの大手化粧品販売業者としてFrajoの地位を強化する重要なステップだ。コティの類を見ないブランドポートフォリオはわれわれの顧客の選択肢を広げてくれる」と語った。

今回の取り決めにより、コティはこの地域の市場参入能力を拡大する。ブラジルには現在、コティが訪問販売モデルを通じて一定ブランドを卸す既存の商業組合がある。域内にはコティのプレステージ商品の販売代理店もある。

コティブランド全体の詳しい情報は公式ウェブサイトwww.coty.comを参照。

▽コティ社(Coty Inc.)について
コティはビューティー界の新興リーダーで、2012年6月30日で終わる会計年度の純収入は46億ドル。コティは1904年パリで設立され、ビューティー専業企業として有名なフレグランス、カラー化粧品、スキンケア&ボディーケア製品のラインアップを世界130以上の国・地域で販売している。コティ製品にはアディダス(adidas)、カルバンクライン(Calvin Klein)、クロエ(Chloe)、ダビドフ(Davidoff)、マークジェイコブス(Marc Jacobs)、OPI、フィロソフィー(philosophy)、プレイボーイ(Playboy)、リンメル(Rimmel)、サリーハンセン(Sally Hansen)などがある。

コティに関する詳しい情報はサイト(www.coty.com)を参照。

▽Frajoについて
Frajoはブラジルの大手化粧品販売業者で、レブロン(Revlon)、ブラジルの男性用フレグランスNO.1フェラーリ(Ferrari)、オーストラリアンゴールド(Australian Gold)、アールデコ(Artdeco)など独占販売ブランドの代理店でもある。1995年カンピーナスで開業したFrajoは現在、20以上のブランドをそろえており、ブラジル国内8500以上のポイントをつなぐ総合販売網を保有している。

Frajoに関する詳しい情報は公式サイトwww.frajo.com.brを参照。

ソース:Coty Inc.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事