logo

アルテラの Stratix V GX FPGA、PCI Express Gen3 に準拠し、PCI-SIG インテグレーターズ・リストに掲載

日本アルテラ株式会社 2013年05月23日 10時15分
From PR TIMES



・Stratix V FPGA および PCI Express Gen3 ソリューション向けの
アルテラの新しい DMA リファレンス・デザインも提供開始

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社: 米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長: ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区、代表取締役社長: 日隈 寛和、NASDAQ: ALTR 以下、アルテラ)は米国時間 5 月 21 日、28nm Stratix(R) V GX FPGA が PCI Express(R) (PCIe(R)) 3.0 (Gen3)向けの最新の PCI-SIG(R) インテグレーターズ・リストに追加されたことを発表しました。アルテラの Stratix V GX FPGA は、最近の PCI-SIG ワークショップにおいて、すべての PCI-SIG コンプライアンス・テストおよび相互接続性テストに合格しました。

また、アルテラは、PCIe Gen3 ソリューションをシームレスかつ迅速に設計する必要がある Stratix V FPGA の顧客向けに DMA (ダイレクト・メモリ・アクセス)リファレンス・デザインを発表しました。Stratix V GX FPGA は、より低いトータル消費電力と低コストを実現しつつ、最高のバンド幅、システム統合、および柔軟性を必要とする PCIe Gen3 アプリケーション向けに、ハードウェア化されたプロトコル・スタックを提供します。

アルテラ プロダクト・マーケティング担当シニア・ディレクタのパトリック・ドーシー(Patrick Dorsey)は、「Stratix V FPGA が PCIe Gen3 インテグレーターズ・リストに初めて名を連ねたことは、当社の高性能デバイスにとって重要な功績です。今後、Stratix V FPGA と PCIe Gen3 の性能を必要とする顧客は、この 2 つがシームレスに機能することを確信しながら、システムを設計できるようになります。また、当社の新しい DMA リファレンス・デザインは、高性能な PCIe Gen3 x8 ハードウェアの開発を迅速かつ容易にします」と述べています。

アルテラの DMA リファレンス・デザインは、PCIe Gen3 x8 を必要とする Stratix V FPGA デザインの機能を強化します。当リファレンス・デザインは、理論上最大のピーク・バンド幅を実証することで、アルテラの Gen3 ソリューションが今日の Gen3 システムまたは Gen3 データ・レートで提供されている、ほぼすべてのバンド幅をサポートできることを示しています。また、11 Gbps 以上の同時読み出し/書き込み動作を実証することで、実際に実装した際にどの程度バンド幅を活用できるかを示しています。当 DMA リファレンス・デザインは、以下の機能を備えています。

・デザイン・サンプルで動作する Linux ドライバ
・250 MHz、256 ビット、142 サイクルのピーク・スループット
・7.1 Gbps のバック・ツー・バック Tx(送信) メモリ書き込み 256 バイト・ペイロード
・7.0 Gbps のバック・ツー・バック Rx(受信) 読み出し完了スループット
・11.4 Gbps の同時読み出し/書き込み動作

PCIe Gen3 向け Stratix V GX FPGA
Stratix V GX FPGA は、最大 4 個の PCIe Gen3 x8 ハード IP ブロックを搭載します。PCIe Gen3 IP ブロックは、x1、x2、x4、および x8 レーン・コンフィギュレーションをサポートし、レーン当り最大 8 Gbps の転送レート、Gen3 x8 レーンを使用することで従来の Gen2 x8 バージョンに比べて 2 倍高速なスループットを提供します。Stratix V FPGA 内に PCIe IP ブロックをハードウェア化することで、他の代替となるソフトウェア実装に比べて最大 10 万個相当のロジック・エレメントを節約できます。PCIe Gen3 ハード IP ブロックは、PCIe プロトコル・スタックを FPGA 内に組み込み、トランシーバ・モジュール、物理レイヤー、データリンク・レイヤー、トランザクション・レイヤーを内蔵します。Stratix V FPGA の PCIe Gen3 IP は、PCIe Base Specification Revision 3.0、2.x、および 1.x をターゲットにします。

アルテラは、主要なアプリケーションの要件を満たすよう最適化された自社の製品ポートフォリオ全般にわたり PCI-SIG 準拠ソリューションを提供しています。これらのソリューションには、コンフィギュレーション可能な PCIe IP コアと、エンドポイント、ブリッジ、スイッチ、ルートポート・ファンクション向けの開発ボードが含まれます。

出荷時期
Stratix V GX FPGA は現在、量産出荷中です。DMA リファレンス・デザインは、Quartus(R) II 開発ソフトウェア v13.0 からダウンロードして利用できます。本製品に関するご質問や製品コードについては、アルテラの正規販売代理店にお問い合わせください。

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983 年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。FPGA/CPLD、ASIC など、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。

アルテラに関する詳細情報は、同社ウェブ・サイト(リンク)をご覧ください。Facebook、RSS、Twitter でも情報提供を行っています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。