logo

【一般参加無料】ウォール・ストリート・ジャーナル・トークセッション 「期待高まる日本の再生-識者と語る」WSJ CafeTokyo開催

ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン株式会社 2013年05月21日 13時06分
From Digital PR Platform


アベノミクスが株高、円安などで勢いづき、日本経済再生への期待が国内外で高まるなかで20年余り続いた低迷から日本は今度こそ転換できるのか、海外からも大きな注目が集まっています。
この日本の重要局面に米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)では、グローバルな視点を交えながら、経済をはじめ政治・社会・また日本の未来像について識者と考えるトークセッション「WSJカフェ東京」を開催いたします。幅広い意見交換を行うべく、一般の来場者の方にもご参加いただき双方向形式で議論を深めてまいります。

【WSJ Cafe Tokyo概要】 

◆ 開催期間: 2013年6月3日(月)~7日(金) 期間中毎日

◆ 開催場所: アークヒルズカフェ (リンク
     東京都港区六本木1丁目3-40 Tel.03-6229-2666
    ※期間中は、ウォール・ストリート・ジャーナル(オンライン・紙面)がご自由にお読みいただけるスペースやセッション参加者には、無料 
     コーヒー、スナックなどの特典もご用意しているほか、記者との懇親会や質問ティータイムなども設けております。

◆ 参加要綱: 各トークセッションの席に限りがございます。事前にウェブからお申し込みください。リンク  
          ※トークセッション(コーヒー、スナック付)は無料ですが、カフェにおける一般の飲食代はご来場者様の負担となりますので ご了承ください。

◆ トークセッションプログラム(抜粋): 下記以外にも連日様々なトークセッションを実施します。詳細はウェブ (リンク) でご確認ください。                       
●6月3日(月) 19:00-20:30  「アベノミクスー日本再生の劇薬」
※アベノミクス評価が対照的なお二人の金融経済専門家を迎え日本の再生を議論します
伊藤 隆敏 東京大学大学院教授、藻谷 浩介 日本総研調査部主席研究員
司会:小野 由美子 WSJ日本版編集長

●6月4日(火) 18:30-20:00  「アントレプレナーシップ(起業家精神)―日本再生のカギになれるのか?」
米依然として起業率が低い日本。ヘ゛ンチャー育成・起業は日本再生のカギになるのか議論します
出口 治明 ライフネット生命社長、福井真紀子 ハーモニーレジデンス社長
司会:小野 由美子 WSJ日本版編集長

●6月6日(木) 16:00-17:30   “Change through Stability 「安定がもたらす大転換」”(英語セッション)                
Political instability has muddied policymaking during Japan’s critical period. We discuss Abe's prospects with one of the world's foremost experts on Japanese politics
Prof. Gerald L. Curtis, Burgess Professor of Political Science at Columbia Uni.
ジェラルド・カーティス 米コロンヒ゛ア大学教授
Jacob Schlesinger, Japan Editor in Chief WSJ/Dow Jones Newswires
ジェイコブ・シュレシンジャー WSJ・ダウ・ジョーンズ経済通信東京支局長

*6/3(月)-7(金)のプログラムはウェブサイト(リンク) に随時アップデートされますのでご確認ください



「ウォール・ストリート・ジャーナル日本版」について
「WSJ日本版」は、世界各地に存在する約2,000名の記者や編集者らによって集められた質の高い情報の中から、日本の読者向けに記事を日々厳選して、日本の編集チームにて翻訳(意訳)したニュースサイトです。2009年12月にローンチして以来グローバルな経済動向や金融市場に関心の高い日本のビジネスリーダーに対して、「The Wall Street Journal」の良質な記事コンテンツを日本語でインターネットを通じて幅広く提供しています。
<Twitterアカウント> リンク
<Facebookページ> リンク


”ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)"について 
ウォール・ストリート・ジャーナルは世界で200万人以上の購読者を持つ有数の経済メディアで、購読収入でアメリカ最大の新聞です。それぞれの地域でアジア、ヨーロッパ版を発行する他、WSJ.comは、オンラインで金融ビジネス情報・分析記事を配信しており、世界で100万人以上の購読者と、月3,600万人のユニークビジターを獲得しています。そのほか、MarketWatch.com, Barrons.com, AllThingsD.com, SmartMoney.comなどの専門サイトに加えて、日本語、中国語など9ヵ国語で展開しています。WSJはこれまで35回のピュリッツアー賞を受賞しているほか、2012年は「影響力のあるBtoBメディア」の1位に12年連続で選ばれています。


<本件に関するお問い合わせ先>
ウォール・ストリート・ジャーナル・ジャパン(株)担当:原田・曵地(ひきち)
TEL: 03-6269-2859 (平日 10:00-17:00)


<報道関係お問い合わせ先>
(株)プラップジャパン担当:蔵持・菊池
TEL: 03-4580-9105 Email:a-kuramochi@prap.co.jp/y-kikuchi@prap.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事