logo

シーメンスPLMソフトウェア、Tecnomatix の最新バージョンをリリース

シーメンスPLMソフトウェアは、世界で最も広く利用されているデジタル・
マニュファクチャリング・ソリューションであるTecnomatix(R)の最新
バージョンをリリースしました。最新バージョンのTecnomatix 11は、
リーン・マニュファクチャリングを迅速かつスマートに実現するための
最新のデジタル・マニュファクチャリング機能を数多く搭載しています。

Tecnomatix 11は、ますます複雑化する製品の生産プロセスをより
柔軟でより効率的にプランニングできるよう支援します。

・ロボット・シミュレーションとオフライン・プログラミングに
要する時間をさらに10%削減

・3Dドキュメントとテキスト指示との密接な統合

・Teamcenterと統合されたManufacturing Process Plannerと
Process Simulateによるボディ・イン・ホワイト(BiW)の完全な製造プロセス

・PLMとSIMATIC MES(製造実行システム)との双方向統合:
SIMATIC MESで製造の作業手順を自動作成し、データや問題点を
MESシステムから取得してTeamcenterで一元管理することが可能

・エンタープライズ規模のBOP(Bill of Process)機能とライン・バランシング
機能の強化:混合生産、マルチプラントにおけるBOPの自動作成と
多品種生産におけるライン・バランシングが可能


製品の詳細については、下記の各サイトでご覧いただくことができます。

・Tecnomatix 11について
リンク

・Tecnomatix 11に関するブログ(英語版)
リンク

・Tecnomatix 11に関する動画(YouTube)
リンク

・Tecnomatix 11に関する画像(Flickr)
リンク


詳しくは下記までお問合わせください。

シーメンスPLMソフトウェアについて
リンク

シーメンスPLMソフトウェア日本法人のTwitter アカウント
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。