logo

GXS、次世代のActiveアプリケーション ポートフォリオを発表

GXSのSaaS製品スイートはサプライチェーンおよび金融アプリケーションの製品化スピードアップに効果

米国メリーランド州ケーザーズバーグ発-B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーであるGXSは本日、次世代のGXS ActiveSMアプリケーション ポートフォリオを発表しました。GXS Active アプリケーション ポートフォリオは、従来のエンタープライズソフトウェアアプリケーションに比べ、製品化スピードアップ・運用コスト削減効果の高いSaaS(Software-as-a-Service)製品スイートです。GXSのSaaS(Software-as-a-Service)ポートフォリオを利用するビジネスパートナーは現在150,000社を超えています。これは、GXS Trading Gridに接続する550,000社の一部であり、またGXSの直接顧客である40,000社のうちの数万社が該当します。

GXSのSaaSアプリケーション担当ディレクタであるジーナ・ベイカー(Gina Baker)は次のように述べています。「GXSのActiveアプリケーション ポートフォリオを利用していただくことで、お客様は顧客・サプライヤ、銀行、輸送業者とのビジネスプロセスを自動化できます。GXSの製品はホスト型ソリューションであるため、従来のソフトウェアに代わるより柔軟で低コストの選択肢となります。GXS Activeアプリケーション スイートでB2Bデータ連携システム内を流れる膨大な量のデータにビジネスロジックを適用して、企業はより大きなビジネス価値を生み出すことができます。」

このポートフォリオには次の製品が含まれます。

• GXS Active Catalogue(カタログ) -メーカーやその取引先企業などコミュニティメンバーが新製品の導入や製品の生産終了などに伴う製品関連の属性の交換を自動化できるようにします。在庫切れの回避、新製品導入の改善、収益創出促進に役立ちます。
• GXS Active Invoices with Compliance(インボイス ウィズ コンプライアンス) -お客様やその取引先企業などのコミュニティメンバーにコンプライアンスサービスを提供し、世界中のビジネスインボイスの交換を自動化します。世界各国の政府がそれぞれ電子請求書に課している固有の規制および税制コンプライアンス要件への対応を支援します。
• GXS Active Community(コミュニティ) -構造化データと非構造化データの両方を使用したイネーブルメント(取引先間でのプロセスと関係の確立)、コンプライアンス、コミュニティ管理トピックに関するコミュニティメンバー間のソーシャルコラボレーションを可能にします。生産性、統制、およびビジネスコミュニティ管理の向上に役立ちます。
• GXS Active Variance(バリアンス) -企業が複数のカード発行者のクレジットカードとデビットカードを集約、照合できるようにします。キャッシュフローの予測、例外の追跡、支払うべき金額の照合に役立ちます。
• GXS Active Intelligence(インテリジェンス) -クラウド内固有のビジネスルールを適用して、お客様とその取引先企業のコミュニティメンバーとの間で交換される不正確なデータや破損したデータを修正、変更、追跡、または検疫できます。不良データやコンプライアンス非対応に伴うコストを回避するのに役立ちます。
• GXS Active Logistics(ロジスティクス) -すべての重要な物流情報源を一元化して、マルチモーダルなグローバルサプライチェーン全体にわたって、注文と出荷の状況を能動的に監視できます。サプライチェーンの遅延検出に役立ち、重要な出荷については状況をタイムリーに提供します。
• GXS Active Orders(オーダー) -お客様とその取引先企業のコミュニティメンバーは、調達から支払いまでのライフサイクルを電子的に自動化でき、買い手と売り手の両方が同じ1つのシステムを記録システムとして使用できます。完全なペーパーレス環境でコストと在庫を削減し、顧客満足度を確立するのに役立ちます。

GXS Activeアプリケーション ポートフォリオの全製品は既に販売を開始しておりますので、ご利用されたいお客様はすぐにご購入いただけます。GXS Active Varianceは、現在ブラジルでのみ販売されています。

■将来予想に関する記述
このプレスリリースには「将来予想に関する記述」が含まれています。本プレスリリースにおける記述のうち、過去の事実に関するもの以外の、当社が将来に発生すると予想する活動、事象、開発に関するすべての記述は、かかる将来予想に関する記述に該当します。これらの将来予想に関する記述は、リスク、不確実性、仮定(米国証券委員会に提出された当社の年次報告書、四半期報告書等に規定)による影響を受けるおそれがあります。したがって、将来予想に関する記述に明示的または黙示的に示される当社の業績または成果に関して、実際の結果が大幅に異なる場合があります。これらの記述に全面的に依拠しないでください。当社は発生した事象または状況を反映して将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を負いません。

本文中のすべての製品およびサービスは各社の商標です。

用語解説

■本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社 
マーケティング 石黒 佐知子   
TEL: 03-5574-7545 Eメール: gxs-pr@gxs.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。