logo

机上の空論?「ノー残業デー」のような残業時間を減らす制度が“ない”会社は何%?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年05月21日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回は「会社に『ノー残業デー』のような残業時間を減らすための制度はある?」、「外出時の行動管理、あなたの会社では主にどちらを利用している?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:会社に「ノー残業デー」のような残業時間を減らすための制度はある?
――――――――――――――――――――
ある・・・71%
ない・・・29%

「ノー残業デー」のような制度が「ある」と答えた人は71%、「ない」と答えた人は29%という結果になりました。多くの企業では残業を減らす方針はあるようです。しかし、「ある」派のコメントの多くは「あるけれど・・・」というニュアンスが含まれています。つまり、公式にノー残業デーはあるものの、有言無実化しているケースが多いということ。多くはサービス残業ですが、場合によっては強制的な飲み会や社内教育にノー残業デーが使われているという意見も見受けられました。ノー残業デーに定時で帰宅を果たし、自分の時間を満喫している人はわずかなようですね。「ない」派でも、結局残業する結果になる・・・と予測し、導入を望む声は多くないです。逆に制度がないので自分でノー残業デーを決めているという人も。ノー残業デーは結局机上の空論なのでしょうか・・・?

<コメント(一部抜粋)>
【「ある」派のコメント】
●ノー残業デーに飲み会をよくやるので、無給で残業しているような気がします。(20代・女性)
●早く帰らせるために、早帰りデーの18:30にオフィスの照明は消灯されます。しかし、残業している人に一瞬で再点灯されるので意味がありません。消灯係の新人が「自分の存在意義が分かりません・・・」と沈痛な面持ちでつぶやいていました。(30代・女性)
●堂々と帰れるので、残業日とメリハリがついて有効に活用しています。ただ、家事という仕事がまってます。(40代・男性)

【「ない」派のコメント】
●定時ピタリで帰ろうとすると「用があるのか」と聞かれる。用がなくても定時で帰るのが当たり前になってほしい。始業時間にうるさく終業時間に寛容な日本文化は変わってほしいものだ。(30代・男性)
●残業は申告制です。役職クラスは残業を減らすことが成績アップにつながるらしく、残念なことにわが部の上司も理不尽なほど出世欲に燃えています。結局、「私用」と言う名のサービス残業を続けています。(30代・女性)
●定時退社が習慣になりました。最初は何か後ろめたさを感じてましたが、次第に自分は仕事が早いことにも気づきました。(60代・男性)


▼その他の「ある」派、「ない」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:外出時の行動管理、あなたの会社では主にどちらを利用している?
――――――――――――――――――――
行き先ボードなどアナログ派・・・・39%
グループウェアなどデジタル派・・・61%

外出時の行動管理が、「行き先ボードなどアナログ派」と答えた人は39%、「グループウェアなどデジタル派」と答えた人は61%という結果になりました。行き先ボードもデジタル化が進んでいるようです。ただしこの質問でも、「デジタル」派では「デジタル化されているけれど・・・」という回答が多く見られました。グループウェアが導入されていても、行き先をキッチリ入力しない人が多く、結局行方不明だったり、アナログのボードを使っていたりというケースが少なくないようです。「アナログ」派では、異部署のようなパーミッションの違いに関わらず、相手の状態がわかること、災害時や停電時でも行き先を確認できることがメリットとして挙げられています。デジタルとアナログ、いずれにしても本当に正確な行動管理は難しいようですね。

<コメント(一部抜粋)>
【「行き先ボードなどアナログ」派のコメント】
●グループウェアはあるのですが、朝に連絡を受けてホワイトボードに記載するなどリアルタイムに更新されているので、ホワイトボードが実用的です。(20代・女性)
●両方あるけど、行き先ボードに書かないと、文句を言われる。(40代・男性)
●他部署の人の所在を探すときは、行き先ボードなら見ればわかるが、デジタルの場合はその部門の人に確認してもらわないといけないので、かえって不便。(50代・男性)

【「グループウェアなどデジタル」派のコメント】
●他のビルの社員の行動やスケジュールも見られるので便利。(20代・女性)
●地震など緊急避難の際、誰がビル内にいたか把握できない部署があったため、行き先ボード復活が検討されています(避難のときに持出したり撮影できるため)。(50代・男性)
●全社的に共通のグループウェアで統一管理されています。でも、偉い人ほど使いこなせていませんね。「電話をかけてくる前に相手のスケジュール表を確認しろよ」と言いたい!(50代・男性)


▼その他の「行き先ボードなどアナログ」派、「グループウェアなどデジタル」派の理由はこちら
リンク

<調査概要>
○調査期間:2013年4月18日~2013年4月24日
○有効回答数:506
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから
◆万が一の事態に備えて…個人でUPSを所有している人は何%いた!?
リンク

◆携帯・スマホの電池量が残り30%…すぐに充電したい人は何%?
リンク

◆ガラケー VS スマホ…業務用で導入するなら、どちらを選ぶ人が多かった?
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事