logo

Avernaが日本で開催される自動車技術展にて「RF レコーダー & 再生プラットフォーム」及び「RF Studio ソフトウェアツール」を展示

Averna 2013年05月17日 07時00分
From JCN Newswire

Avernaの記録・再生ソリューションがRFテスト及びレシーバーの検証を加速

MONTREAL, CANADA, May 17, 2013 - ( JCN Newswire ) - 世界中の通信機器・電子機器メーカー向けのテストソリューションおよびサービスの業界をリードするAvernaは、2013年5月22-24日にパシフィコ横浜・展示ホールで開催される「第22回 自動車技術展 人とくるまのテクノロジー展2013」において、同社最新の「RF レコーダー& 再生プラットフォーム」及び「RF Studio(TM)ソフトウェアツール」を展示することを発表しました。

人とくるまのテクノロジー展は、日本最大の自動車技術展で、2013年は自動車の技術者、デザイナー、研究者、製造者、購買責任者、学会関係者、政府職員など業界のプロフェッショナル70,000人以上が集う予定です。詳細はこちらのウェブサイトをご覧ください。 リンク

Averna は、日本ナショナルインスツルメンツのブース# 18にて、次のソリューションをデモンストレーションします。

RP-5120 RFレコーダー
当社のRP-5100 RF レコーダー は、ラジオ放送、ナビゲーション、ビデオのレシーバーの検証・テスト・サポート用に実環境のRF信号を妨害波も含めてキャプチャーします。この高度なツールは250KHz~2.5GHz周波数範囲の中で、20MHz記録帯域幅が 2チャネルまで収録可能です。

URT-1100 RFプレーヤーおよび信号発生器
URT-1100 はRFレシーバーの設計・検証・製造テストのための最も柔軟なプラットフォームです。現在使用されている事実上すべてのラジオ、ビデオ、ナビゲーションの信号を生成・再生することができます。URT-1100 PXIはNational Instruments製PXIハードウェアに基づいており、ソフトウェア対応のツールキットを利用して放送規格の信号をリアルタイムで生成します。

RF Studio(TM)と DriveView(TM)ソフトウェア
RF Studio は、RFデザイナー及び研究者向けに設計された高性能のRFレコーダー及び再生ソフトウェアで、RF信号の記録、処理、保存が可能です。実際のRF信号を検証するために、Avernaでは当社独自のRF Studioプラグインソフトウェアで試運転の状況をビデオ録画できる「DriveView」を開発しました。

プライベートデモのご予約は infojapan@averna.com までお問い合わせください。

Avernaについて

Avernaは世界中の通信機器や電子機器のメーカーに、テストおよび品質管理のソリューションを提供する一流プロバイダーで、エンドユーザーのエクスペリエンスを向上するお手伝いをしています。通信、航空、防衛、自動車、家電、医療機器など各業界のAvernaの顧客は、Proligent (R)エンタープライズ テストソフトウェアや、 RFテスト プラットフォーム、その他のテスト ソリューションを使用して、製品開発を高速化し、製造コストを低減しつつ、ライフサイクルを通じて最高の品質を達成し、重要なサプライチェーンの問題を解決しています。

Avernaは世界各地に地域オフィスを構え、セールス パートナーを有しています。Avernaは1999年に法人化されており、2009年にはErnst & Young Entrepreneur of the Year(R)を受賞しました。また、2007年からは北米で最も急速に成長中の技術企業の1つとしてDeloitte Fast 500に指名される栄誉を受けています。www.averna.jp

(c) Copyright 2013 Averna. All rights reserved. 内容は予告なく変更される場合があります。Averna、RF Studio、DriveViewは Avernaの登録商標です。

日本
Etienne Frenette
販売担当副社長(アジア)
etienne.frenette@averna.com
045-222-3242

広報担当
Isabelle Pilon, MarCom スペシャリスト
isabelle.pilon@averna.com
T: +1 514-842-7573, ext. 421
M: +1 514-814-8928

概要:Averna

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。