logo

「日本人がネット辞書で調べた言葉」ランキング

株式会社 小学館 2013年05月16日 11時00分
From PR TIMES

コトバの日(5月18日)記念、小学館の国語辞典『大辞泉』編集部が発表!『大辞泉』公式ウェブサイト公開、Facebookでは『大辞泉』クイズキャンペーン開始



コトバの日(5月18日)記念、小学館の国語辞典『大辞泉』編集部が発表!
「日本人がネット辞書で調べた言葉」(*)ランキング
『大辞泉』公式ウェブサイト公開、Facebookでは『大辞泉』クイズキャンペーン開始

※言葉のなかでも二字熟語を対象にランキング


株式会社 小学館(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:相賀昌宏)の国語辞典『大辞泉』編集部は、コトバの日(5月18日)を記念して、日本人が過去1年間にネット辞書で調べた言葉のランキングを発表いたします。
あわせて、1.『大辞泉』公式ウェブサイト(リンク)の公開、2.「図書カードが当たる!『大辞泉』謎解きクイズキャンペーン」の実施、3.新しいiOS版『大辞泉』アプリのリリース、についてお知らせいたします。

■言葉の意味を調べる手段は「インターネット経由」が主流に。

日頃、何気なく使っているものの、今更あらためて人に聞けない「言葉の意味」を調べる際に、最もよく使用するツールとして、約7割の人が「ウェブサイト」と回答しています(※付録資料参照)。
言葉の意味を調べるのもインターネットが主流になったといえる状況のなか、小学館の国語辞典『大辞泉』は、kotobank、Yahoo!辞書、goo辞書、など、多くの国内主要ネット辞書サイトにデータを提供しており、日本人が普段使っているネット辞書のなかでもナンバーワンのシェアとなっています。

■やっぱりマジメ?「日本人がネット辞書で調べた言葉」第1位は「進捗」。

『大辞泉』のデータを採用している国内最大級のネット事典サイト「kotobank(コトバンク)」(運営:株式会社朝日新聞社/株式会社VOYAGE GROUP)の過去1年分のアクセスデータを『大辞泉』編集部が集計・分析したところ、最も調べられた言葉は「進捗」であったことがわかりました。

1位 進捗(しんちょく)
2位 瑕疵(かし)
3位 遵守(じゅんしゅ)
4位 謹啓(きんけい)
5位 留意(りゅうい)
6位 約款(やっかん)
7位 寸志(すんし)
8位 邁進(まいしん)
9位 意義(いぎ)
10位 出自(しゅつじ)

※ランキング結果の概要

仕事がらみの言葉が上位にランクイン、日本人ならではの律儀さ、謙虚さ、真面目といった気質が見て取れます。
第1位の「進捗」からは、スケジュールや状況をきめ細かく確認しながらものごとを進める生真面目な日本人の姿が想像されます。
第2位の「瑕疵」は、まさに“ものづくりの国”日本を象徴するような言葉。“瑕疵担保責任”という言葉がありますが、生産物、納品物の品質に対するこだわりが垣間見えます。
第3位の「遵守」は、ルールをしっかり守る勤勉さ、道徳から外れたことはしない人間性、伝統を重んじる日本の文化などを感じさせる言葉です。


■調査期間:2012年4月1日~2013年3月31日 
■調査方法:「kotobank」サイトの『大辞泉』各掲載語のページビュー数を元に、『大辞泉』編集部が二字熟語のみを抽出してランキング作成。
※本調査結果をご利用いただく場合は“『大辞泉』編集部調べ”と明記ください。
※より詳細な月別ランキングは『大辞泉』の公式Facebookページ(後述)にて解説つきで発表します!


■『大辞泉』はネット&デジタル時代にマッチした“生きている国語辞典”

新しい言葉の採録に積極的に取り組んでいる“生きている国語辞典”『大辞泉』のデジタル版データは、最新採録語数26万2,500語(2013年5月現在)に達し、同クラスの国語辞書のなかでもナンバーワン。さらに年間8,000語以上の新語・新語釈を更新しています。
その先進性が評価され、kotobank、Yahoo!辞書、goo辞書、infoseekマルチ辞書など国内主要ポータルサイトの辞書データとして採用されているほか、主要な電子辞書にも搭載されています。デジタル時代にマッチした国語辞典として、今後も日々生まれゆく新しい言葉や語彙をキャッチし、真面目に立項・アップデートしていきます。


■『大辞泉』関連のお知らせ

1.『大辞泉』公式ウェブサイト公開

“生きている国語辞典”『大辞泉』の知られざる特長、幅広い展開事例、関連する著名人のメッセージ、関連最新ニュースなどをご覧いただけます。『舟を編む』で話題の小説家・三浦しをんさんからの特別メッセージも読めます!
詳しくは下記URLをご覧ください。
『大辞泉』公式サイト:リンク


2.『大辞泉』Facebookページで図書カードが当たる!謎解きキャンペーン

『大辞泉』の公式Facebookページにてプレゼントキャンペーンを実施
(5月16日~5月31日)。『大辞泉』に関する簡単なクイズに答えると、正解者の中から抽選で10名様に図書カード2,000円分をプレゼントいたします!
詳しくは『大辞泉』公式Facebookページ(下記)をご覧ください:
リンク


3.iOS版アプリ『大辞泉』まもなくリリース、ダウンロード無料!(※)

年3回のデータ更新と高度な検索機能が好評のiPhone/iPad用の辞書アプリ『デジタル大辞泉』(¥2,000)に、後継アプリがまもなく登場!
その名も『大辞泉』です。ダウンロードは無料(*)ながら、有料版と変わらないスペックで、総項目数26万語以上、1万2,000点の画像を収録。部分一致や本文検索など豊富な検索機能、縦書きや黒地での表示など、多彩な表現も可能となっています。


※ 一部の機能に利用可能回数が設定され、アプリ内課金にて制限を解除することができます。
※ 既存の『デジタル大辞泉』は販売継続いたします。『デジタル大辞泉』のユーザー様は、新しい『大辞泉』アプリの利用可能回数制限を無料で解除することができます。
開発・販売:HMDT株式会社(リンク


■付録

【参考調査】「言葉の意味の調べ方」調査

●「あなたが言葉の意味を調べる際、最もよく使用するツールは何ですか」(単数回答)
・ウェブサイト(PC):69.6%
・ウェブサイト(mobile):12.6%
・辞書(ウェブサイト以外):6.9%
・電子辞書:6.9%
・人に聞く:2.5%
・その他:1.5%

●「あなたがウェブサイトで言葉の意味を調べる場合、どのように調べますか」(複数回答)
・「調べたい言葉」のみを検索窓に入力:75.4%
・「調べたい言葉+α(「意味」・「辞書」・「とは」等)」を検索窓に入力:28.3%
・オンライン辞書を使用:8.5%
・その他:2.9%

(調査方法:インターネット調査 調査対象:全国の20~60代の男女 回答期間:2013年5月2日-6日 回答総数:1,000件)


■「kotobank(コトバンク)」(リンク)とは

株式会社朝日新聞社と株式会社ECナビ(現・株式会社VOYAGE GROUP)が2009年4月に開始した無料事典サイト(以下、「Web版」)です。小学館の「デジタル大辞泉」(約260,000語) 、「朝日新聞のキーワード」(約11,500語)など、計118辞書・事典の約140万語の膨大なデータを検索・閲覧することができます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。