logo

「TIPA アワード 2013」で4部門を受賞

株式会社ニコンイメージングジャパン 2013年05月16日 13時31分
From Digital PR Platform


株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)のデジタル一眼レフカメラ「ニコン D7100」と、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX S01」「COOLPIX P520」およびレンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」用標準ズームレンズ「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」の4製品が、権威ある写真・映像関連の賞「TIPA アワード 2013」を受賞しました。「Nikon 1」用のCXフォーマット対応レンズ「1 NIKKOR(ワン ニッコール)」は初の受賞となります。

「TIPA アワード 2013」では、世界の主要なカメラ・映像関連専門誌の編集長とテクニカルエディターが審査員として参加し、2012年4月1日から2013年3月31日までに発表された映像関連製品の中から部門ごとに最も優れた製品を選出、部門賞を贈呈しています。

「TIPA アワード 2013」に関する詳細は下記URLをご覧下さい。
URL: リンク

●「D7100」(2013年3月発売)の「ベスト アドバンスト デジタル一眼レフカメラ」受賞理由(TIPAコメント)

「D7100」は、有効画素数2410万画素、ニコンDXフォーマットCMOSセンサーを採用。高密度51点AFシステムを搭載し、使用頻度の高い中央部15点にはクロスタイプセンサーを採用している。最高約6コマ/秒(DXフォーマット時)の高速連続撮影が可能で、「対DX 1.3×クロップ」での撮影時は、装着レンズの約2倍の焦点距離相当の撮影画角となる。また、RGBW配列の約122.9万ドット広視野角3.2型液晶モニターとフルHD Dムービーを搭載。その他、静止画だけでなく動画でも使用できるピクチャーコントロールシステムやスペシャルエフェクトモード、マグネシウム合金を採用した堅牢性の高いボディー、15万回のレリーズテストをクリアーした高耐久シャッターユニット等、先進的なカメラとして評価している。

●「COOLPIX S01」(2012年9月発売)の「ベスト イージー コンパクトカメラ」受賞理由(TIPAコメント)

「COOLPIX S01」は、極小サイズに有効画素数1014万画素、1/2.9型CCDセンサーに広角29-87mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)までをカバーする光学3倍ズームのNIKKORレンズを搭載したコンパクトカメラである。重さはわずか約96g、大きさ約77mm(幅)×約51.2mm(高さ)×約17.2mm(奥行き) ※でありながらも、1/2000~1秒のシャッタースピード、ISO 80~1600の感度域を備え、HD動画機能を搭載している。多彩な撮影モードやスペシャルエフェクト、フィルター効果をはじめ、±2段の範囲で1/3段刻みの露出補正およびプログラムオートを採用しており、持ち運びしやすい簡単操作のコンパクトカメラである。
※突起部除く

●「COOLPIX P520」(2013年2月発売)の「ベスト スーパーズーム カメラ」受賞理由
(TIPAコメント)

光学42倍ズームのNIKKORレンズを搭載した「COOLPIX P520」は、広角24mm相当から超望遠1000mm相当(いずれも35mm判換算の焦点距離)の撮影画角をカバーし、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を搭載している。有効画素数1808万画素、ISO 80~3200までの感度域で高感度撮影に対応している。多彩な撮影モードの他、スペシャルエフェクト、フィルター効果をはじめとする画像編集機能も搭載。フルHD動画撮影も可能である。撮影距離範囲は先端レンズ面中央から約50cm~∞(広角側)、約2.0m~∞(望遠側)、マクロAF時は先端レンズ面中央から約1cm(広角側)~∞である。また、視野率約100%を確保し、大きくて見やすい約92万ドットの広視野角3.2型バリアングルTFT液晶モニターを搭載している。

●「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」(2012年9月発売)の「ベスト コンパクトシステムカメラ エントリーレベル レンズ」受賞理由(TIPAコメント)

レンズ交換式アドバンストカメラ「Nikon 1」用レンズ「1 NIKKOR 11-27.5mm f/3.5-5.6」は、11-27.5mm(35mm判換算で30-74mm相当の焦点距離)の撮影画角をカバーするニコンCXフォーマット対応標準ズームレンズである。約57.5mm(最大径)×31mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで、沈胴時)、重さ約83gの小型、軽量設計を実現している。レンズ構成は6群8枚で、非球面レンズを1枚、EDレンズを1枚採用し、絞り羽根枚数は7枚(円形絞り)である。最短撮影距離は撮像面から0.3m(ズーム全域)を可能にしているほか、沈胴機構を採用し、持ち運びに便利で携帯性の高い理想的な小型軽量の標準ズームレンズである。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事