logo

エフセキュア、10億人にクラウドベースの プライバシー保護機能を提供

アカウントを1つも持たないことがFacebookでプライバシーを守る唯一の方法ではありません。エフセキュアのSafe ProfileはFacebookのプライバシー設定をシンプルにします。ぜひベータ版をお試しください。

ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳

10億人以上を引き寄せるFacebookの爆発的な成功を見れば、誰もが「いいね」と思っていることは明らかです。しかし、あらゆるソーシャル ネットワーキングサービスと同様、プライバシーの問題が生じています。エフセキュアは新しいアプリケーションSafe Profileで、セキュリティの専門知識をFacebookに取り入れました。この新アプリケーションが世界最大のソーシャルネットワークにおけるユーザのプライバシーを保護します。Facebookユーザはアプリケーションのテストという形で開発プロセスに参加できることを歓迎しています。
76%の消費者が、ソーシャルプラットフォーム上で日常生活をシェアする際にプライバシーを懸念しています※。Facebookの数々のプライバシー設定では、ユーザはアカウントの内容について正確にプライバシーを制御できますが、複雑でもあるため、友人だけと共有しようと思っていた情報を誤って一般に公開してしまう原因になっています。
「平均的な利用者はFacebookを純粋に楽しみたいのであって、複雑なプライバシー設定を理解することに時間を使いたくはありません。これがSafe Profile誕生の理由です。当社はプライバシーの設定を最も重要なものだけに凝縮しました。これらの設定に照らしてユーザのプロファイルをスキャンし、アカウントの改善点をお知らせします」と、エフセキュアのコンシューマセキュリティ担当バイス・プレジデント、マリア・ノルドゲンは述べています。


スキャン、格付け、および安全のための推奨情報
Facebookでは、設定やページ、そして更新の数が多すぎると感じていませんか?Safe Profileは、最も重要な安全性およびプライバシーの問題を、1つにまとめてお知らせします。Facebookのプライバシーオプションはあまりにも頻繁に変更されるため、対応が困難ではないですか?Safe Profileは度重なる変更があっても最新の状態を保ちます。また、Facebookのプライバシー管理が、趣味ではなく仕事のようになっていませんか?Safe Profileをお勧めする理由はそのわかりやすさです。
Safe Profileは世界最速のプライバシースキャンエンジンとして設計されています。スキャンの後、アカウントのプライバシーを格付けし、潜在的な問題を表示して、より安全な設定をお勧めします。Safe Profileは個人データをスキャンするだけで、保存はしません。
エフセキュアは、インターネットセキュリティ保護の分野で高い評価を得ており**、Facebookユーザの個人情報およびソーシャルメディアのインタラクションの保護において確固たる信頼を得ています。
「セキュリティおよびプライバシーは当社の事業の中心です。ソーシャルネットワークに関連するプライバシーへの懸念から、当社はユーザを保護するために情熱をもって取り組んでいます。当社のスローガンは「かけがえのないものを守る」ですが、お客様のプライバシー、お客様の評価以上にかけがえのないものがあるでしょうか?」と、ノルドゲンは述べています。
Safe Profileをお試しになりフィードバックや改善点を投稿するには、ご自身のFacebookアカウントにログインして、「Safe Profile Beta」を検索してください。フィードバックは次のリンクで受け付けています。
リンク


*エフセキュアのブロードバンド調査では、14カ国(フランス、英国、ドイツ、スウェーデン、フィンランド、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、アメリカ合衆国、カナダ、ブラジル、インドおよび日本)の20~60歳のブロードバンド加入者6,400人を対象にWebインタビューを実施しました。本調査はGfKによって、2012年5月25日~6月1日に実施されました。


**エフセキュア インターネット セキュリティ2013は、AV-TEST InstituteのBest Protection 2012を受賞しています(www.av-test.org )。Safe Avenueと併せて利用できるセキュリティ製品は、エフセキュア インターネット セキュリティ2013と同じ技術に基づいています。


*エフセキュアの社名、ロゴ、製品名はF-Secure Corporationの登録商標です。
*本文中に記載された会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。