logo

現代美術作家 杉本博司が挑んだ『杉本文楽 曾根崎心中』 2013年ヨーロッパ公演が決定

独立行政法人国際交流基金 2013年05月15日 15時15分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年5月15日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)

現代美術作家 杉本博司が挑んだ、伝統芸能「文楽」の新しい極地
『杉本文楽 曾根崎心中』
2013年ヨーロッパ公演が決定
マドリード・ローマ・パリ
*「観音廻り」では、現代美術作家・束芋の映像作品がスクリーンに登場

国際交流基金と小田原文化財団は、2013年9月~10月の1カ月間にわたり、人形浄瑠璃文楽「杉本文楽 曾根崎心中付り観音廻り」の欧州公演を実施いたします。
同作品は2011年8月に神奈川芸術劇場において初演され、好評を博しました。
構成・演出・美術・映像は現代美術作家の杉本博司、作曲は人間国宝の鶴澤清治が手がけ、現在の文楽公演では演出の都合により一部が割愛され上演されている「曾根崎心中」を原文に忠実なまま舞台化し、多くの観客から熱い賞賛の声が寄せられました。そして2013年秋、いよいよヨーロッパでの公演が実現します。

今回のヨーロッパ公演は、「日本スペイン交流400周年」の記念事業としてマドリードで幕を開けます。
慶長遣欧使節が渡欧して日本とスペイン両国間のさまざまな交流がはじまってから400年となる記念の年に、マドリードのエスパニョール劇場で上演されます。
マドリードでの公演につづいて、海外初の日本文化会館として1962年に開館したローマ日本文化会館の開館50周年記念事業として公演を行います。会場は、ローマで最も格式の高い劇場のひとつであり、ロッシーニのオペラ「セビリアの理髪師」の初演の場所として世界的に知られるアルジェンティーナ劇場です。
そして最後に、世界的にも著名な舞台芸術の祭典であるパリのフェスティバル・ドートンヌの目玉公演のひとつとして、パリ市立劇場にて11公演を行います。

【公演概要】                                             
日程:マドリード  2013年 9月27日(金)、28日(土)(全2公演)    会場:エスパニョール劇場
       ローマ       2013年10月 4日(金)、 5日(土)(全2公演)     会場:アルジェンティーナ劇場
       パリ          2013年10月10日(木)~19日(土)(全11公演) 会場:パリ市立劇場

◆詳細はウェブサイト リンクをご覧ください リンク

◆作家プロフィールはこちら リンク リンク

主催:独立行政法人国際交流基金、公益財団法人小田原文化財団
企画制作:公益財団法人小田原文化財団
協力:独立行政法人日本芸術文化振興会(国立劇場・国立文楽劇場)<調整中>、公益財団法人文楽協会
後援: 大阪府 <申請中> 大阪市 <申請中>



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事