logo

◎抗IL-6モノクローナル抗体細胞核開発で提携 CMC BiologicsとRuiYi

RuiYi Inc. /CMC Biologics 2013年05月15日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎抗IL-6モノクローナル抗体細胞核開発で提携 CMC BiologicsとRuiYi

AsiaNet 52985
共同JBN 0533 (2013.5.15)


【シアトル、コペンハーゲン(デンマーク)、上海2013年5月14日PRN=共同JBN】デンマークのCMC Biologics社は14日、新規抗IL-6モノクローナル抗体であるRYI-008に対する細胞株を開発するため、医薬品・医療機器会社RuiYi Inc.と契約を結んだと発表した。CMC Biologics特許の高生産性発現プラスミドCHEF1(登録商標)は、細胞増殖を最適化する細胞株開発および迅速な時間枠内で一貫して高レベルのタンパク質を発現するため利用される。契約の具体的条件は明らかにされていない。

RuiYiのポール・グレイソン社長兼最高経営責任者(CEO)は「バイオ医薬品と環状グアノシン一リン酸(cGMP)製造の優れた技術で知られる、世界的な契約製造企業であるCMC Biologicsとの協力を喜んでいる。CMC Biologicsは、特許で保護されたCHEF1システムを使う細胞株開発を含めた統合サービスと、対応のいいその協調的な双方向姿勢と相まって、この重要で世界的な努力における当然のパートナーである」と語った。

CMC Biologicsのマルク・サウィッキ博士(ビジネス開発担当グローバル・バイスプレジデント)は「われわれはRYI-008の開発で、RuiYiとの長期的関係を築く機会を得て喜んでいる。RYI-008はこれまでにない可能性と素晴らしい(薬物活性)半減期を持つ抗体であり、急速に進化しているIL-6バイオロジーの分野でこの種で最高の製品になる大きな機会が生まれる。今回の契約は新興市場における生物製剤開発に目を向ける当社の戦略的重視を浮き彫りにしている」と語った。

▽CMC Biologicsについて
CMC Biologicsはデンマークのコペンハーゲンと米ワシントン州シアトルに施設を保有する、バイオ医薬品専門の契約製造・開発企業である。同社は臨床前、臨床試験、消費地内向けタンパク質ベースの治療法の拡大とcGMP製造に対するカスタム化されたサービスを専門としている。同社の統合サービスは、特許によるCHFE1(登録商標)システム、プロセスおよび製剤開発、包括的分析試験を使う細胞株の開発が含まれる。CMC Biologicsは完全に分離された微生物発酵、哺乳動物細胞培養スイートを保有し、かくはん槽およびかん流両用の製造プロセスを提供する。詳しい情報はリンクを参照。

▽CHEF1(R) 発現技術の利点
CHEF1発現システムは広く臨床製造細胞株を生み出すために使われ、商品販売向けに認可されている。CHEF1の統合発現プラットフォームは、迅速な時間枠内で組み換えタンパク質を高水準で製造するため、合成培地、適応CHO細胞、CHEF1発現プラスミドを含む堅ろうな処理法および信頼できる原材料を使うことで、cGMP製造向けの細胞株開発を加速する。

▽RuiYiについて
RuiYiは中国の患者とヘルスケアシステムの医療、商用ニーズに応え、世界的に大きな影響を与える最新の生物療法を発見、開発することに注力している。RuiYiはRYI-008のほかに、iCAP(膜内立体構造抗原提示)装置を含む一連の同社テクノロジーを利用する社内発見努力による数多くのモノクローナル抗体製品パイプラインを保有している。ターゲットは選択的な一部のGタンパク質共役受容体(GPCR)であり、結合の選択性は重要だが微小分子モジュレーターで実現するのが難しいことが分かっている。RuiYiの経営管理チームは米カリフォルニア州ラホヤにあり、同社の医薬発見努力と研究施設は上海・浦東の張江高科技園区にある。詳しい情報はリンクを参照。

▽RYI-008について
以前はARGX-109と呼ばれていたRYI-008は、極めて強力な新規モノクローナル抗体で、炎症やがんに関係するサイトカインの一種であるIL-6に対し高度に選択的に作用する。この抗体はベルギーのヘントにあるarGEN-Xで、arGEN-X SIMPLE Antibody(商標)技術によって発見された。RuiYiに世界的に開発、販売のためのライセンスが独占的に供与されている。

ソース:RuiYi Inc.; CMC Biologics

▽問い合わせ先
Stacie D. Byars, CMC Biologics Global Marketing,
sbyars@cmcbio.com,
+1.206.660.2588, or
Jessica Yingling, Ph.D., Little Dog Communications for RuiYi Inc.,
jessica@litldog.com,
+1.858.344.8091

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事