logo

新ヘアケアブランド「h&s for men(エイチ・アンド・エス フォー・メン)」シリーズ出荷好調 発売後わずか1ヶ月で、出荷本数100万本突破*1!

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン 2013年05月15日 10時43分
From Digital PR Platform


P&G(本社:神戸市)が2013年3月中旬に発売した、初のメンズヘアケアブランド「h&s for men(エイチ・アンド・エス フォー・メン)」のシリーズ出荷本数が発売後わずか1ヶ月で100万本を突破*1いたしました。

<出荷好調の背景>
【市場背景】 「h&s for men」発売後、男性用ヘアケア市場140%拡大!*2
近年、男性用ヘアケア市場は大きく伸長しており、2005 年のデータと比較するとおよそ1.5 倍のマーケットへと成長*3しました。その一方で、男性が本当に求めているニーズに応えられる製品がいまだ少ないという声も多くあり、事実、男性向けの抜け毛対策用のシャンプーを使っている方は、わずか16%*3という調査結果も出ています。このような市場背景の中、「h&s for men」は、好調な出荷本数を記録。また、当製品発売後、男性用ヘアケア市場が発売前に対し140%拡大*2しており、発売後わずか1ヶ月あまりで市場拡大に貢献いたしました。

【製品特長】 日本男性のニーズに全方位で応えた製品
P&G では、現代男性のニーズに応えるべく、約50 年の研究成果を集約し、「h&s for men」 の開発へと着手。「h&s for men」は髪のボリューム、地肌のケア、香り、パッケージ、価格、どの角度からも男性のニーズに応える製品です。特に、髪のボリュームに関してはシリーズで1回使っていただくだけで効果を実感していただけます。ヘアケア製品を自分で購入していらっしゃるような意識の高い男性の約4割は、シャンプー、コンディショナー、トニックなど一連のアイテムを同じシリーズで統一されていることが調査でも分かっており、このことからも、当製品はヘアケアに対して意識が高まっている男性消費者のニーズにこたえられる製品であると考えております。

【製品展開】 「h&s for men」認知拡大にむけたユニークなプロモーション施策
上記の背景により誕生した新ブランド、「h&s for men」を多くの皆様に知っていただくため、製品発売当初より、CM、ウェブ、交通広告など各チャネルでのプロモーション施策を強化してまいりました。中でも、P&Gのスケールメリットを活用した当社初の試みとして、グルーミングブランド、「ブラウン」とのコラボレーションパックを家電量販店にて販売。ヘアケアの枠組みを超え、トータルで男性の身だしなみをサポートするブランドのひとつとして、これまでにないプロモーションを展開しています。また、4月より「まず1ヶ月 全額返金キャンペーン」を実施し、製品にご満足いただけなかった場合に、全額返金を行うキャンペーンを実施。新ブランド「h&s for men」が、自信をもってお客様にご満足いただける製品であることを訴求しています。

「h&s for men」のアシスタントブランドマネージャー小野愛は、
「このたびの売り上げ好調は、P&Gの理念である“Consumer is boss(消費者はボス)”の考えのもと、男性の悩みやニーズに応える製品を提供できるよう、研究及び開発を続けてきた結果だと思います。まだ誕生したばかりの新しいブランドですので、より多くのお客さまに当製品を知っていただけるよう、これからも、より良い情報の提供に努めてまいります。」と話しています。

「h&s for men」は、引き続き日本男性のニーズに基づいた製品の開発と情報提供によって、男性の健やかな地肌と髪をサポートしてまいります。引き続き、「h&s for men」にご注目ください。

*1 2013年P&G調べ(出荷ベース) *2 2013年P&G調べ(h&s for men発売前4週に対する数値) *3 2012年P&G調べ


<製品概要>
誕生、男のヘッドスパ。h&s for men(エイチ・アンド・エス フォー・メン)
h&s は地肌ケア製品の世界において、1963 年より先駆者としての地位を確立してきました。約50 年に渡る研究開発に基づき、「h&s for men(エイチ・アンド・エス フォー・メン)」はh&s シリーズの特徴を受け継ぎながら、更に男性が求めるハリとボリュームのある髪へ導く製品として誕生しました。また、近年受けてみたいサービスの一つとして男性からも人気のある「ヘッドスパ」を自宅でも気軽にお試しいただけるように、カリスマエステティシャン高橋ミカさん監修の“男のヘッドスパ“を新提案。毎日のバスタイムで手軽に取り入れていただけます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事