logo

アバゴ・テクノロジー、2チャンネル双方向の高速デジタル・フォトカプラ新製品を発表

アバゴ・テクノロジー株式会社 2013年05月15日 09時00分
From Digital PR Platform


アバゴ・テクノロジー株式会社 (本社:東京都目黒区、代表取締役社長:米山周) は、本日、データ伝送速度が25MBdの2チャンネル入り双方向デジタル・フォトカプラ「ACSL-7210」を発表しました。フィールド・バス規格のPROFIBUSやSPI(Serial Peripheral Interface)などの高速プロトコルを使用する産業用ネットワーク向けに最適化された製品です。アバゴ独自のIC技術とアバゴが特許を持つパッケージ技術を採用したことにより、フォトカプラとして超薄型のSO-8パッケージで3750VRMSの信号絶縁耐圧を実現しつつ、25MBdまでのデータ伝送速度で全二重通信をサポートします。

製品の特徴
・2チャンネル/双方向の全二重通信に対応
・データ伝送速度:DC~25MBd
・超薄型(2mm以下)のSO-8パッケージ
・CMOS入力(電圧入力)/CMOS出力
・最大パルス幅歪み:10ns
・最大伝達遅延時間:40ns
・最小20kV/μsの同相ノイズ除去(CMR)性能(VCM=1000V時)
・主要な海外安全規格に準拠
  UL 1577:VISO 3750VRMS (1分間)
  IEC/EN/DIN EN 60747-5-5:VIORM 567VPEAK

アバゴは、ドイツのニュルンベルクで5月14日~16日に開催される『PCIM Europe 2013』において、新製品のACSL-7210を展示する予定です。アバゴのブース番号は7-266です。

アバゴでアイソレーション製品部門のマーケティング・ディレクタを務めるケン・ジャム・リーは、「当社はアイソレーション製品のリーディング・サプライヤとして、引き続きフォトカプラ技術の限界を高いレベルに引き上げ、高電圧絶縁性能を犠牲にすることなく、お客様が求めるスイッチング速度とパッケージの小型化を実現していきます。また、当社は、双方向通信を伴う産業用ネットワーク、特にノイズの多い産業環境で使用されるPROFIBUS用途向けに最適なフォトカプラ製品を提供する業界のリーダーです。新製品のACSL-7210が、そのことを実証しています。」と述べています。

価格と供給について
ACSL-7210の量産出荷は2013年7月中旬からの予定です。サンプル価格はアバゴ・テクノロジーの正規代理店にお問い合わせください。サンプル、評価ボードおよび量産品の供給は、アバゴ・テクノロジーの正規販売代理店を通して行われます。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。