logo

西友、500g超“デカうま”弁当が大好評 新メニュー「特盛チキンカツ弁当」が登場

合同会社西友 2013年05月14日 15時00分
From Digital PR Platform


合同会社西友は、298円弁当“デカうま”シリーズの新メニュー「特盛チキンカツ弁当」を、5月16日(木)より、全国の西友と惣菜専門店「若菜」計432店舗にて発売いたします。

■“デカうま”新メニュー「特盛チキンカツ弁当」登場

西友では、20~30代の男性をターゲットにした500g超の298円弁当“デカうま”シリーズを3月23日より発売。若い男性に人気の高いメニュー「ハンバーグ」と「唐揚」の2種類の弁当を、大満足のボリューム、かつ298円という圧倒的な低価格で提供したことで、発売以来大きな反響をいただいております。
今回は、その新メニューとして、男性に人気のあるチキンカツを盛り付けた「特盛チキンカツ弁当」を発売します。「特盛チキンカツ弁当」はご飯の量や副菜の量を増やし、従来品の弁当に比べ約35%増の500g超のお弁当に仕上げました。また、西友の惣菜部門を担う100%子会社「若菜」の自社工場で製造することでコストを抑え、298円の価格を実現しております。

■新シリーズは前年比売上50%増

西友では2009年に298円弁当を発売。今年3月に同シリーズを全面改定し、ボリューム重視の“デカうま”弁当と、低カロリーや健康に配慮した“うまヘルシー”弁当として新発売しました。発売以来、そのボリュームやクォリティの高さと圧倒的な低価格がお客様に大変好評で、298円弁当の売上は前年比約50%増を記録しております。

今後も西友では、お客様に常に新しい味をお楽しみいただけるように、季節やトレンドを勘案しながら、随時“デカうま”弁当シリーズの見直しを実施する予定です。5月16日からは、「特盛ハンバーグ弁当」に加え、今回の新メニュー「特盛チキンカツ弁当」の2種類を提供してまいります。

【商品特徴】
商品名:「特盛チキンカツ弁当」(NEW!!)
商品特徴:
ハンバーグや唐揚と並び、男性に人気の高いチキンカツ(約120g)を使用。ご飯量は大盛り規格の270g、ナポリタンなどの副菜の量は従来品に比べ増量、とんかつソースを付けた500g超の弁当です。
発売日:5月16日(木)
価格:298円(税込)

商品名:「特盛ハンバーグ弁当」
商品特徴:
ハンバーグは従来のサイズの2倍の150gのビッグサイズ、ご飯量は従来品の170gから、大盛り規格の250gに。自社工場で製造することでコストを抑え、298円の価格を実現しました。
発売日:3月23日(土)
価格:298円(税込)

【株式会社若菜の概要】
本社所在地: 埼玉県川越市下赤坂1795-1
創 業: 1986年12月20日
株主: 合同会社 西友100%
役 員: 代表取締役社長 中村 真紀
事業内容: 惣菜商品の製造・販売
店舗数: 西友店内 368店/西友全店舗数372店舗 、 惣菜専門店 65店
工場所在地: 9ケ所-札幌、仙台、埼玉(川越・北関東)、千葉、岐阜、京都、福岡(福岡・広川)

<本件に関する一般の方からのお問い合わせ先>
西友フリーダイヤル 0120-360-373

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事