logo

サーバー不要で会議での資料共有が簡単に行えるペーパーレス会議アプリケーション「Anet.exe」発売

エイネット株式会社(東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F 代表取締役 西畑博功)は会議参加者のPCまたはiPadにインストールしておくだけで資料共有を可能にするペーパーレス会議アプリケーション「Anet.exe」を2013年5月15日に発売いたします。

■新製品の概要

エイネット株式会社は、ソフトウェアタイプとしては世界で初めて実現したH.264SVCによるフルHD化などによって、2700社以上の企業や教育機関等で利用されているテレビ/Web会議システム「FreshVoice」を開発・販売している、会議向けソフトウェア開発のエキスパートです。
このたび、その「FreshVoice」開発のノウハウを生かし、会議室内で、非常に簡単に資料の共有を可能にするペーパーレス会議アプリケーション「Anet.exe」を開発いたしました。

「Anet.exe」は参加者のPCまたはiPad※にインストールしておくだけで、会議資料の共有が可能になります。
しかも従来型のペーパーレス会議とは異なり、ホストであるプレゼンターが画面操作を行った場合、参加者はそれを動的に共有することによって、アプリケーションの変更に対してもリアルタイムに追従することができます。例えば、表計算ソフトなどで数値を変更するような場合、一般的なアプリでは、資料の送り直しが必要になりますが、「Anet.exe」は、変更と同時に全員が結果を参照することが可能です。
また、プレゼンターは資料を公開している自分のPCの操作を他の参加者に許可したり、ホストをソフトウェア的に別のプレゼンターのPCに切り替えることもできますので、発言者は常に共有した資料を最大限に活用した効果的なプレゼンテーションが行えます。

その他、「Anet.exe」はP2Pで接続しますので、資料共有を行う際、外部のサーバーが一切必要ないことも大きな特長の一つです。会議室等の同一エリア内であれば、LANにさえ接続されていれば、インターネットへの接続も不要なため、参加者は「会議に参加する」ボタンをクリックまたはタップするだけで、会議室内のプレゼンターのPCとの資料共有を開始できます。また、インターネットに接続する必要がないことから、セキュリティの面からも非常に優れたシステムです。

会議毎に大量の資料を印刷することは、それだけでもエコロジーに反することですが、会議の直前に間違いに気づき、すべてを印刷し直すことなどもよくあることです。そんな場合でもすぐに修正することが可能なペーパーレス会議は、地球環境の観点からも、また印刷にかかるコストの点からも、テレビ/Web会議とともに今後の会議の主流となっていくテクノロジーです。

※iPadをホストとして、外部からiPad内のデータを閲覧することはできません。iPadはホストPC内のデータ閲覧のみとなります。

■製品名

Anet.exe
(エイネットエグゼ)

■対応プラットフォーム

Windows(XP以降)
iOS(4.3以降)

■価格

Anet.exe PC版(ホスト/クライアント)
ライセンス料 50,000円(5ユーザー 税別)~
(弊社のWebサイトよりダウンロードしていただき、30日間はフリーでお使いいただけます。引き続きお使いになる場合はライセンスを購入していただきます。)

Anet.exe iPad版(クライアント)
ライセンス料 0円
(App Storeより無料でダウンロードしていただけます。なお、iPad版は単独では利用できません。必ずPC版が必要となります。)

■関連サイトのご案内

製品紹介サイト
URL:リンク

エイネット株式会社 企業サイト
URL:リンク 

製品写真ダウンロード
URL:リンク
URL:リンク

■発売日等

発売日 : 2013年5月15日 

■お問い合わせ

・読者からのお問い合わせ先
エイネット株式会社 営業部
TEL: 03-3862-5402 FAX: 03-5822-2039
freshvoice@anets.co.jp

・報道関係様からの本製品に関するお問い合わせ先
※ご質問や追加資料のご請求につきましては下記へご連絡ください。

エイネット株式会社 マーケティング部 広報担当
〒101-0025 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル 3F
TEL: 03-3862-5402 FAX: 03-5822-2039
press@anets.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

Anet.exe ホスト&クライアント

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事