logo

ウォルフソンの新Ez2 ソフトウェアソリューション、 ハンドフリー音声制御と、優れた音声品質をご提供

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社 2013年05月10日 14時00分
From DreamNews

ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社(神奈川県横浜市、代表:山田貴久。以下「ウォルフソン」)は、本日Ez2 ソフトウェアフィーチャーコレクションであるEz2 controlTM および Ez2 hearTM Rx ANCを当社の初めてのソフトウェアソリューションとして発表しました。これらのソリューションは、ウォルフソンのWM5110 High Definition (HD) Audio System-on-a-Chip (SoC)などの既存ハードウェアと共に機能することで、モバイルアプリケーションにおけるユーザーエクスペリエンスを劇的に改善します。

ウォルフソンのEz2 controlTM は、センサリ社のTrulyHandsfreeTM Voice Controlスピーチ認識ソリューションを、ウォルフソンのハードウェアと共に組み込むことで、スマートフォーンやその他のデバイス用の「常時オン」音声制御を超低消費電力で実現します。これにより、Ez2 controlTMは現在の音声制御アプリケーションでは必須となっているボタンによる手動システム起動の必要性を排除します。このソリューションは、Android Operating Systemに完全互換を有し、超低電力動作時に機能ロスが発生しないようにしています。Ez2 controlTM は、40カ国を越える言語をサポートします。デバイスへの先進音声制御機能の組み込みを模索するあらゆるOEMは、Ez2 controlTMをセンサリ社の TrulyHandsfreeTM ソリューションと共に導入・適用が可能です。重要なことは、Ez2 controlTMは車載向けのボイスアクティベーションコントロールなどのボタン起動式のシステムよりも、はるかに迅速かつ容易に組み込みが可能です。

従来、電力消費は、完全なハンドフリーの音声制御アプリケーションの開発における障害となってきました。これは、アプリケーションプロセッサによって電池からの高電流の流出が発生するため「常時オン」ソリューションの開発が実現不可という理由によるものです。ウォルフソンのEz2 controlTMは、既存のソリューションの5分の1の電力しか必要としません。したがって、本製品は、バックグラウンドでの動作に最適で、物理的な作業を実行することなく全アプリケーションを起動し、完全な音声制御機能を可能にするプログラム済みのトリガワードを常に監視・待機しています。

Wolfson Ez2 hearTM Rx ANCは、携帯電話通話中に最大20dBのノイズリダクションを実現することで、モバイルアプリケーション向けに業界最先端の受信パス(Rx) アンビエントノイズキャンセル(ANC)を提供します。Ez2 hearTM Rx ANCは、通話者周囲のあらゆるバックグランドノイズを検出し、それを打ち消すために等価、逆位相の信号を生成します。これにより、ユーザは、通話相手の音声のみを聞くことができ、騒音の高い環境でも鮮明でクリアな通話を楽しむことができます。また、Ez2 hearTM Rx ANCは、バックグランドノイズが原因で会話の中断することのリスクを軽減します。

WM5110 HD Audio SoCと共にスマートフォーンまたはタブレットに組み込みこまれた場合、ノイズキャンセレーション機能が既に組み込まれているEz2 hearTM Rx ANCでは、高価なノイズキャンセレーションヘッドセットが不要となります。MEMSマイクロフォーンを左右それぞれのイヤフォンに追加した低価格のカナル型小型ヘッドセットは、本当の意味でコスト効率の高いインボックス型のノイズキャンセレーション機能をスマートフォーンおよびタブレットのOEMに提供します。

ウォルフソン、ソフトウェア事業担当VPであるステファン・エバンス(Stephen Evans) 談:
「音声機能は、インターアクションのための自然かつ便利な方法ですが、手動で起動する必要があるためエンドユーザの利便性を損ねています。Ez2 controlTM は、センサリ社のTrulyHandsfreeTM ソリューションと共に、この課題を打破しました。この技術とソリューションの組み合わせは、斬新なスマートフォーンの機能領域を超越した音声制御を実現することで、テレビ、洗濯機、冷蔵庫などを含むあらゆる分野の次世代製品との主要インターフェースになる可能性を秘めています」

「また、さらに高品質な音声通話を求めるユーザの声が加速的に高まる中、当社のEz2 hearTM Rx ANC は、騒々しい酒場、混み合った駅や空港などの中でも卓越した音声通話品質を実現する最先端ソリューションです。ノイズキャンセレーション技術が組み込まれたモバイルデバイスでは、MEMSマイクロフォーンを左右のイヤフォンに追加するだけで、低価格のカナル型ヘッドセットがスマートフォーンおよびタブレット用の省コストのインボックス型のノイズキャンセレーションンソリューションに生まれ変わります。」

Ez2 controlTM および Ez2 hearTM Rx ANCは、ウォルフソンのソフトウェアパッケージとしては初めて、以下の当社HD Audioソリューション分野をサポートするソフトウェア機能です。:HD Audio Voice、HD Audio Playback、HD Audio CaptureおよびHD Audio Share。これらソリューションは、ニーズに応じて組み合わせて適用が可能で、「口から耳へ」の完全なオーディオエクスペリエンスをお届けします。

HD Audio Voiceでは、Ez2 hearTM Rx ANC などの先進ノイズキャンセレーション技術が採用され、あらゆる環境下で鮮明かつクリアな音声通話を可能にします。HD Audio Playbackには、ユーザがあらゆる環境下で、低音、高音における最高の音質で音楽を楽しむことを可能にする5.1 Virtual Surround Soundなどの多くのサウンドエンハンスメント機能を含まれています。HD Audio Captureでは、Ez2 controlTMがモバイルデバイスの音声、動作制御を実現し、また家庭、屋外そしてクラブやコンサートなど騒々しい環境下で、モバイルデバイスによるハイファイオーディオ録音が可能となります。さらに、HD Audio Shareでは、携帯電話、タブレット、PCまたはテレビをスピーカモードに設定することで、超高品質モバイルまたはインターネット電話会議が可能となります。HD Audio Shareを活用した電話会議は、1対1の「近距離」または複数名が大きな会場から参加する「遠距離」の両方に対応しています。


ウォルフソン・マイクロエレクトロニクス株式会社
TEL : 045-440-1230
E-mail : JapanSales@wolfsonmicro.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。