logo

Linuxシステムとのシンプルな接続により、モーションMEMS製品の利用を促進

STマイクロエレクトロニクス 2013年05月10日 09時30分
From PR TIMES

STのMEMS製品に対応し、標準Industrial-IOと互換性を持つLinuxドライバが、多くの市場でモーション検知によるイノベーションの開発期間を短縮

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、MEMS(Micro
Electro Mechanical Systems)のトップ・メーカーかつコンスーマおよび携帯型
機器向けMEMSセンサの主要サプライヤ(1) であるSTマイクロエレクトロニクス
(NYSE:STM、以下ST)は、様々なアプリケーションにおいてMEMSの利用を促進
するため、Linuxシステムと通信を行うソフトウェア・ドライバをリリースしま
した。

STの新しいドライバ・アーキテクチャは、最新版のLinuxカーネル(バージョン
3.9以降)でサポートされ、即座に利用することができます。このドライバに
より、Linuxのオープンソース・ソフトウェアを使用し、正確な動作と位置検出
を要するコンスーマ / 産業 / 科学 / ヘルスケア・アプリケーション(遠隔
モニタ、テスト・測定、ロボット制御、マシン・ビジョン、監視等)の開発者は、
STのMEMSデバイスをより簡単に利用できるようになります。

新しいSTのドライバ・アーキテクチャによりロバスト性が確保され、センサ性能
が最大化される他、モジュール化と迅速なプロトタイピングが可能になります。
ドライバ・アクセスは標準IIO(Industrial-IO)インタフェースによって管理
されます。IIOドライバは、Linuxカーネル内に内蔵されているため、STの全モー
ションMEMS製品と接続する場合、ソフトウェアの追加が不要です。

STのモーションMEMS事業部 アプリケーション・マネージャであるPaolo
Bendiscioliは、次の様にコメントしています。「STのIIOドライバ・モジュール
は、ドライバ・レベルを一切変更せずにSTの全MEMS製品を交換できる柔軟性を
備えています。このソリューションは、設計のアップグレードを迅速化するため、
お客様の新製品開発期間の短縮に役立ちます。」

新しいドライバ・アーキテクチャは、STの全てのMEMS製品(加速度センサ、ジャ
イロ・センサ、iNEMO慣性センサ・モジュール、電子コンパス、地磁気センサ等)
で利用できるため、ソフトウェア・オーバヘッドを最小限に抑えつつ、各種
センサとの迅速かつ容易な接続が可能になります。また、システムによるデバ
イスの認識、データへのアクセス、割り込みサポートおよびポーリング・データ
収集も可能にします。

MEMSセンサは、コンスーマ機器(スマートフォン、タブレット、ゲーム機等)の
屋内ナビゲーション、画面回転、ジェスチャ認識といった機能に幅広く使用され
ています。STは、MEMS関連の取得済み特許ならびに出願中特許を800件以上有し
ています。STは、MEMSのトップ・メーカーで、MEMS製品の生産数は1日当たり
400万個、累積出荷数は30億個以上に達しています。

STのMEMS Linux IIOドライバ・ライブラリの特徴
・STの全てのMEMS製品の機能をサポート
・コードのオーバヘッドを削減
・SPIおよびI2Cバスとの相互運用可
・ドライバ・レベルでFIFOを内蔵

(1)IHS社:MEMS H2 2012 Special Report

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロ
セッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供
する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・
セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・パワー製品グループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。