logo

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート 音楽ゲームのカリスマ西村宜隆氏が語るBEMANIの進化

株式会社リクルートキャリア 2013年05月08日 10時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』(リンク)は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。

▼『Tech総研』トップページ
リンク

――――――――――――――――――――
■データとアナログ面でユーザーを分析──「答えは常に現場にある」
音楽ゲームのカリスマ西村宜隆氏が語るBEMANIの進化
――――――――――――――――――――
アミューズメントゲーム制作で先端を走るKONAMI。「BEMANI」シリーズで知られる音楽ゲームでも、その市場を切り拓いてきました。これからの音楽ゲームはどこまで進化するのだろうか。『Tech総研』編集部は「BEMANI」プロダクションのプロデューサー西村宜隆氏に直撃インタビューしました。

西村氏といえば、音楽ゲームあるいはゲーム音楽が好きな人にとっては広く知られる存在で、もともとはサウンドクリエイターとしてKONAMIのアミューズメントゲームのために数多くの楽曲をつくってきました。ライブなどで華麗なスクラッチプレイを披露する「DJ YOSHITAKA」としても活躍しています。

「私が考える継続的なサービスにおけるヒットの背景にあるのはユーザーモチベーションの変化を見逃さないことと新たなモチベーションをタイミングよく提供することの2点だと思います。ユーザーが求めるものは常に変化するのでその流れを掴み素早くアクションしなければいけません。先輩方が培ってきたブランドを更に大きく広くしていくのが私の使命ですね」と語ります。

「プログラマは、不可能を可能にする人たちだと私は考えています。私などにはとうてい解決できない問題を、プログラムを書いてさらっとやってしまう人を見ると、すごいなと率直に思います。私たちの仕事では人の書いたコードを引き継ぐことも多いのですが、当たりさわりのないように改修するだけの人もいれば、ばっさり書き替えたいという人もいる。そうすることで、高品質のプログラムが効率よく書けるというのであれば、私はその提案を素直に受け入れます。これまでの常識にとらわれることなく、新しい仕様を切ることができる人、そんな人たちと一緒に仕事をしたいですね」

本レポートでは、西村氏のゲームディレクターとしてのデビュー作「REFLEC BEAT(略称:リフレク)」についてやUGC(User Generated Content)との連携で採用した2作目の「SOUND VOLTEX」などの開発ストーリーなどについても詳しくレポートしています。

▼詳細は下記URLにてご覧ください。
リンク

▼関連記事はこちら
KONAMIのゲームエンジンプログラマが語るFOX ENGINE
リンク

KONAMIのソーシャルゲーム「ドラコレ」ヒットの要因
リンク


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
リンク

▼『Tech総研』Twitterアカウント
リンク

▼リクルートキャリアについて
リンク

――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。

リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。