logo

ローカルとリモート各1ユーザーでサーバーを操作するIP-KVMスイッチ KN1108v/KN1116vを発売

~デュアルNIC・デュアル電源・バーチャルメディア対応 最大解像度1920×1200を提供~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、IP-KVMスイッチシリーズである「KVM Over the NET™ *1」の新製品としてKN1108v/KN1116vの2機種を発売します。出荷開始日は5月7日です。
本製品はローカルとリモートの各1ユーザーが8/16台のサーバーを操作できるIP-KVMスイッチです。電源およびネットワークは二重化が可能で、システムの耐障害性を確保します。この他にも、リモート側のメディアをサーバー側にマウントできる「バーチャルメディア」機能や、KVMスイッチ配下のサーバーコンソールを複数同時に表示できる「パネルアレイモード」を搭載し、サーバーの遠隔管理業務を強力に支援します。

主な追加機能とメリット

1.最大1920×1200の解像度対応 画質調整機能でストレスのない遠隔操作を実現
従来のATEN IP-KVMスイッチでは、1600×1200の解像度が最大でしたが、本モデルでは更に高い1920×1200の解像度がご利用いただけます。さらに、リモート画面の遅延を解消して滑らかに表示させたり、使用帯域や画面の情報量を検出して画質を最適化させたりできるため、遠隔からでもストレスを感じることなく操作することができます。
※1920×1200の解像度は、コンピューターモジュールKA7175/KA7176/KA7177の使用時に利用可能です。


2.パネルアレイモード対応
リモート側の出力画面を格子状に分割し、KVMスイッチ配下のサーバーコンソールを複数同時に表示します。画面の変化も一目瞭然ですので、迅速な対応が可能になります。


3.バーチャルメディア機能搭載
リモート側のコンピューターに接続されたUSBフラッシュメモリ、DVD、CD-ROM等のメディアを製品配下のサーバーにマウントすることができます。インストールやファイル転送も自席から可能になるため、遠隔から作業を効率的に進めることができます。


4.デュアルNIC/デュアル電源対応
電源ソケットとネットワークインターフェースを各2ポート搭載。電源とネットワークの二重化によって、障害によるサービス停止のリスクを減らし、常時稼働のシステムを安定運用することができます。


5.サーバーに加えて最大2台のシリアル機器もリモート操作が可能に
製品リアパネルに2箇所あるRJ-45ポートに、製品同梱のシリアルアダプター(SA0142)を介してシリアルデバイスを接続すると、これらのシリアルデバイスにもリモートアクセスが可能になります。


製品型番 製品名              
KN1108v リモート1/ローカル1ユーザー 8ポートIP-KVMスイッチ  オープン価格
KN1116v リモート1/ローカル1ユーザー 16ポートIP-KVMスイッチ  オープン価格

出荷開始日
2013年5月7日

このプレスリリースの付帯情報

KN1116v 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。ユーザーニーズにあったサービスを提供することで、日本におけるKVMスイッチやビデオ製品、電源関連製品の更なる市場拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事