logo

世界有数のニュースブログサイト「THE HUFFINGTON POST」初のアジア進出  ≪ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン 本日5月7日(火)よりサイトオープン≫

ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン 株式会社 2013年05月07日 17時50分
From PR TIMES

ユーザー参加型コミュニティで“良質な言論空間”の構築を目指す

ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:西村陽一)は、ニュースやブログ、ソーシャルメディアを組み合わせたニュースサイトとして欧米各国で脚光を浴びている「THE HUFFINGTON POST」(以下:ザ・ハフィントン・ポスト)の日本版サイトである「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」(www.huffingtonpost.jp)を5月7日(火)にオープンいたしました。

 日本版は、ブロガーによる「ブログ記事」、「ニュース記事」、「ソーシャルコメント」の3つの要素で構成され、米国版のザ・ハフィントン・ポストと同様に、有名無名を問わず、語るべきことがある人たちに発信の場を提供してまいります。開設当初は「政治」、「経済」、「国際」、「社会」の4つのテーマからサイトをスタートします。
 今回のローンチに際しては、「スペシャリストなのは当たり前、そのうえで的確な問題提起ができ、ユーザーとともに議論を深めていける人」という要件のもと、まずは約70名のブロガーの皆様に寄稿をご快諾頂きました。サイトのスタートを飾るブロガーの中には、ジャーナリストの佐々木俊尚さん、ジャーナリスト/メディア・アクティビストの津田大介さん、ドキュメンタリー作家の森達也さん、在英ジャーナリストの小林恭子さん、メディア・アーティストの八谷和彦さん、そしてライブドア元社長の堀江貴文さんのほか、今までネットで情報発信をしてこられなかった方々も登場します。「あなたのコトバが、未来をつくる」~この掛け声のもと、ネットに「良質な言論空間」を築いてまいります。


【ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン概要について】
サービス開始日 2013年5月7日(火)
サービス内容 ブロガー記事およびニュース記事の提供、ソーシャルコメント
展開セクション 政治、経済、国際、社会の4セクション
運営体制 松浦茂樹編集長以下、約10名のスタッフで運営
運営会社 ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社
(ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞社との合弁会社)


【参加ブロガーについて】 ※5月1日現在
氏名 肩書
佐々木俊尚 ジャーナリスト
津田大介 ジャーナリスト/メディア・アクティビスト
小林恭子 在英ジャーナリスト
堀江貴文 起業家
森達也 ドキュメンタリー作家
八谷和彦 メディアアーティスト

その他70名以上の方々に参加いただいております。


【THE HUFFINGTON POST(米国版ザ・ハフィントン・ポスト)概要について】
 ザ・ハフィントン・ポストは、ピューリッツァー賞受賞に輝くニュース速報、特集、エンターテイメントの情報源であると同時に、読者が活発に意見交換や対話を行うコミュニティでもあります。 ザ・ハフィントン・ポストウェブサイトの訪問者数は、米国では月間4600万人を数え(2013年1月現在、comScore 調べ)、月間投稿件数は800万件を超えています。 また、当サイトに寄稿するブロガーは3万人以上に及び、政治家や学生、著名人から、学者、保護者、政策専門家にいたるまで、あらゆる人びとが、自身の大きな関心事項に関する書き込みをリアルタイムで行います。 ザ・ハフィントン・ポストは現在、イギリス、カナダ、ケベック州、フランス、スペイン、イタリアで、各国版を展開しています。


【株式会社朝日新聞社について】
日刊紙「朝日新聞」のほか、基幹サイト「朝日新聞デジタル」などを発行・発信する日本の新聞社。創刊は1879年(明治12年)。代表取締役社長は木村伊量(きむら・ただかず)。社員数は 4,773 人(2012 年 4 月 1 日現在)、朝刊部数は 763 万部(2013年 3 月現在)。東京、大阪、西部、名古屋各本社のほか、国内、国外に 300 を超える取材拠点を持つ。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。