logo

英検受験者向けのFAQサイトを開設

英検受験者向けの「よくあるご質問」を公開し、受験者の利便性を向上

株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下、オウケイウェイヴ)と公益財団法人 日本英語検定協会(所在地:東京都新宿区、理事長:油井 直次、以下、英検)は、英検をはじめとする検定試験受験者向けのFAQサイトを構築し、2013年5月2日より運営を開始しました。

リンク

検定試験受験者向けのFAQサイトは、個人で受験される方や学校・団体の責任者の方から寄せられるお問い合わせを、FAQ(よくある質問とその回答)としてまとめ、英検のWebサイト上に公開したものです。受験者の皆様の申込時や受験前後に関しての疑問の解決や不安の解消を、迅速かつ効率的に図ることを目的としています。
FAQサイトの構築にはオウケイウェイヴのFAQシステム「OKBiz Support」を用いています。FAQサイトではキーワードや文章で検索を行なって知りたい情報をすぐに探せるほか、閲覧しているFAQの内容に関連するFAQを提示するなど、受験者や学校・団体の責任者の方々がより早く疑問を解消できる仕組みになっています。
英検では「OKBiz Support」の活用により、FAQの閲覧状況等を分析することで継続してFAQサイトの充実を図り、安心して検定試験に臨めるように努めていきます。

■FAQシステム「OKBiz Support」について リンク
「OKBiz Support」は米国最大のヘルプデスク業界団体のHDIと共同で策定した、FAQの作成・編集・承認・公開におけるワークフローの業界標準「FAQ Management」を実装し、FAQ作成に関する特許技術を取得したFAQシステムです。HTMLの知識がない担当者でもFAQの作成や更新をWebブラウザ上にて簡単に行えます。「OKBiz Support」の導入により平均30%のお問合せを削減する効果が出ています(オウケイウェイヴ調べ)。国内大手企業、自治体を中心に国内トップシェアとなる250サイト以上が利用し、2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しました。

■株式会社オウケイウェイヴについて リンク
株式会社オウケイウェイヴは1999年7月設立。「“ARIGATO”で世界をつなぎ幸せで満たす」ことを企業理念に、ソーシャルメディアの特長をいち早く取り入れた日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWave」(リンク)を2000年1月に正式公開しました(月間UU:5,000万以上、月間PV:1億5,000万以上※2013年3月末現在、PCサイトのみ)。2,800万件以上のQ&Aデータベースをポータルサイトなど約80サイトが活用する他、企業の顧客サポート向けに「OKCorporation」を提供しています。また、「OKWave」の運営ノウハウを基に開発し、特許を有するFAQシステム「OKBiz Support」を大手企業、自治体など250サイト以上に導入し、市場シェアNo.1を長年維持しています。2006年6月に名証セントレックスに株式上場(証券コード:3808)。2007年10月に楽天株式会社、2008年3月に米国マイクロソフトコーポレーションとの業務・資本提携を締結。以降も、日本マイクロソフト株式会社との協業事業のショッピングSNS「myFave」(リンク)、個人間の知識・スキルのソーシャルコマースサイト「Abilie」(リンク)、ノウハウ共有サイト「OKGuide」(リンク)、リアルタイムQ&Aサイト「おけったー」(リンク)、ソーシャル多言語コミュニティ「OKWave ありがとう」(リンク)、 経験でつながるライフログソーシャルメディア「exstamp」(リンク)、モバイルでの有料の専門家相談サービスなど、Q&Aを軸にしたサービスを展開しています。

■公益財団法人 日本英語検定協会について リンク
公益財団法人 日本英語検定協会は、「実用英語の普及と向上」を目的に1963年に設立されました。以来、“英検”の名称で親しまれている実用英語技能検定の実施・運営のほか、児童向けの「児童英検」やビジネスパーソン向け英語能力テスト「BULATS(ブラッツ)」、留学・海外移住のための英語運用能力試験である「IELTS(アイエルツ)」、さらに英語教育に関する優秀な研究企画に助成金を交付する「英検研究助成金」制度など、実用英語の普及・向上に向けた様々な取り組みを展開してきました。「英検」の受験者数は累計9,000万人ほどに上っており、2013年4月、創設から50年の節目を迎えました。昨年2012年4月、内閣府からの認定書交付を受けて正式な団体名称を「公益財団法人日本英語検定協会」に改めています。

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。