logo

綾戸智恵 meets ビートルズ!ビートルズゆかりのピアノで名曲を生演奏

TOKYO FM 2013年05月02日 11時00分
From PR TIMES

5月4日(土) TOKYO FM 『KIRIN BEER “Good Luck” LIVE』

毎週人気アーティストの生LIVEをお届けしているTOKYO FMのライブプログラム『KIRIN BEER “Good Luck” LIVE』(JFN系全国38局ネット)では、5月4日(土)の放送で、綾戸智恵がビートルズゆかりのピアノを生演奏!




今や“日本のジャズシンガー界の代名詞”である綾戸智恵が、デビュー15周年を飾るスペシャルライブを披露します。しかも、今回生演奏で使用するのは、「イエロー・サブマリン」や「オブラディ・オブラダ」の録音で実際にビートルズが使用したピアノ、「ベヒシュタイン」。
 綾戸独特の世界観と、ビートルズの音楽がどのような化学反応を起こすのか?
この番組でしか聴くことの出来ない特別な“コラボ”を、どうぞ、お聴き逃しなく!!


番組概要
『KIRIN BEER “Good Luck” LIVE』
------------------------------
○放送日時
2013年5月4日(土)午後4:00~4:55
○出演
 綾戸智恵
○放送局
TOKYO FMほかJFN38局ネット


●綾戸智恵リリース情報
~綾戸智恵デビュー15周年記念アルバム~
『Forever Young』
2013/4/17 EHCD 1011 ¥2,500(¥2,381)


●ピアノについて
1967~1969年にロンドンのアビー・ロード・スタジオで、ビートルズがレコーディングに使用した「ベヒシュタイン」。後期ビートルズの楽曲には、ほとんどこのピアノが使用されており、1967年「イエロー・サブマリン」の録音から始まり、1968年「ホワイトアルバム」収録の「オブラディ・オブラダ」、「バースデイ」、などに使用されていました。曲によっては、ポールばかりでなく、ジョンも演奏していました。1969年には「ゲット・バック」、「ドント・レット・ミー・ダウン」、「レット・イット・ビー」、「ユー・ノウ・マイ・ネーム」、「ザ・バラード・オブ・ジョン&ヨーコ」」のすべての録音に使用されました。ビートルズのほかには、ビリー・プレストンなども演奏したといわれます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事