logo

世界とつながる・地域でつながる 箕面市立多文化交流センター・小野原図書館がオープンします!

箕面市では、5月11日(土曜日)、地域のみなさんと外国人市民が共に学べる「多文化交流センター」と「小野原図書館」をオープンします。
本施設は、生活相談など外国人市民のサポート機能や、世界の家庭料理を楽しめるカフェを併設した「多文化交流センター」と、市内で7番目となる「小野原図書館」が一体となった複合施設です。
施設の管理運営は公益財団法人箕面市国際交流協会が行い、国際色豊かな地域特性を生かして、地域のみなさんと外国人市民との交流の場を提供します。 

箕面市では、5月11日(土曜日)、地域のみなさんと外国人市民とが共に学べる「多文化交流センター」と「小野原図書館」をオープンします。
本施設は、生活相談など外国人市民のサポート機能や、世界の家庭料理を楽しめるカフェを併設した「多文化交流センター」と、市内で7番目となる「小野原図書館」が一体となった複合施設です。

(1)多文化交流センター
生活相談など外国人市民のサポート機能や、どなたでもお使いいただける講座室、世界の家庭料理を楽しめるカフェを併設しています。
  
【開館時間】午前9時~午後10時 
※5月11日(土曜日)は午前11時開館
【休 館 日】月曜日、12月29日~1月3日
【指定管理者】公益財団法人箕面市国際交流協会

<comm cafe (コム・カフェ)>
国際交流協会に集う外国人シェフが提供す  る世界の家庭料理(ベトナムの肉麺や、ロシアのボルシチなど)を日替わりで楽しめるカフェです。
【営業時間】火曜~土曜日 午前10時~午後5時(ランチは午前11時30分~午後2時)
   
<講座室>
会議やサークル活動など、どなたでもご利用できる5つの部屋(定員24~30人)があります。子どもが遊べる部屋もあります。
午前9時~正午   900円
午後1時~5時 1,200円
午後6時~10時 1,200円



(2)小野原図書館
市内7番目の図書館で、赤ちゃんや子どもがゆったり過ごせる絵本コーナーがあり、普通の図書はもちろん、旅行ガイドや外国語の新聞・雑誌・絵本も充実しています。また、パソコンを持ち込んでインターネットに接続できるほか、iPadを館内で無料で貸し出します。本の貸出・返却は、自動貸出・返却機で簡単にできます。
   
【開館時間】午前10時~午後5時 
※5月11日(土曜日)は午前10時30分開館
【休 館 日】月曜日、第1金曜日(1月を除く)、
12月29日~1月4日、
図書整理点検期間


2.オープニング・イベント

<ミニ多民族フェスティバル>
【開催日時】5月11日(土曜日)午前11時~午後4時
【開催内容】エスニック・フードが楽しめるコーナー、モンゴルのホーミーなど民族音楽の演奏、世界各地とつながる国際交流団体の紹介、子どものクイズラリーや「おもちゃのかえっこ」など
<世界の絵本スペシャル・ウイーク>
【開催日時】5月12日(日曜日)~18日(土曜日)午前10時~午後5時
【開催内容】日本語で描かれた世界の童話や昔話、外国を知るための子ども向け図書、世界各地の絵本など約500冊を展示。市内在住外国人による「多言語おはなし会」を開催。

3.建物概要

【所在地】箕面市小野原西5丁目2番36号
【施設構造】鉄筋コンクリート造 地下1階、地上2階建
【工 事 費】約4億9500万円
【施設面積】敷地面積1,427.61㎡ 延床面積2,215.24㎡ 
※図書館263.63㎡、地域福祉活動拠点75.51㎡を含む。
【施設内容】情報ギャラリー・コミュニティカフェ、講座室3室 、会議室2室
        ボランティア活動室、こども活動室、赤ちゃんの駅、相談室
        駐車場(22台、有料(利用者サービスあり))

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事