logo

歯ブラシ、重曹、コーヒーのカス、新聞紙……。どれがエコな掃除に有効!?くらしの「気になる!」を徹底調査「SUUMOなんでもランキング」

株式会社リクルート住まいカンパニー 2013年04月25日 12時27分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:野口 孝広)が運営する不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』は、住まいや暮らしに関する様々なテーマについてアンケート調査を実施し、調査結果を「SUUMOなんでもランキング」としてご紹介しています。今回のテーマは「きれいな部屋を保つために試してみたいエコな掃除方法は?」。調査結果をまとめましたのでお知らせします。


▼きれいな部屋を保つために試してみたいエコな掃除方法は?
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■地球にも体にも、お財布にも優しいのがエコな掃除法!
――――――――――――――――――――
きれいな部屋を保つために試してみたいエコな掃除方法は?(複数回答)

1位:古い歯ブラシで洗面台の下や排水溝を磨く 24.5%
2位:重曹で油汚れをおとす 16.7%
3位:コーヒーのカスや、お茶の葉を脱臭剤にする 11.9%
4位:ぬらした新聞紙で窓を掃除する 10.9%
5位:お酢でお風呂場の水アカ汚れをおとす 9.7%
6位:じゃがいもの皮でシンクを磨く 5.6%
7位:米のとぎ汁で油汚れをおとす 5.1%
8位:ミカンの皮でガスレンジの油汚れを落とす 4.4%
9位:ゴム手袋を手にはめて、カーペットをなでる 3.9%
10位:茶ガラと一緒に床を掃く 3.4%

引越したばかりの新しい部屋。いつまでもきれいに使いたいですよね。でも、掃除は出来るだけ楽に、お金をかけたくない。そこで普段捨ててしまっているものでエコな掃除法を。試してみたい1位は古い歯ブラシを使ったもので今日にも試せそう。2位は人気の重曹を使用。3位以下も普段家にあるもので出来る方法がずらり。今回挙がったものは、地球はもちろん体にも優しく、赤ちゃんがいるファミリーにもうれしい方法ばかり。すべて実行するのは難しいけれど、「これなら出来るかも」と思った方法を一つ試してみて。意外とやめられなくなるかもよ!?

――――――――――――――――――――
ほかには、「古い洋服は捨てない」「掃除機を使わない」なども
――――――――――――――――――――
●着なくなったシャツや子どもの体操服などを捨てず、小さく切って雑巾代わりに利用している。(40歳女性・会社員)
●掃除機を使わず、ほうきと雑巾で昔ながらの掃除をする。(39歳女性・会社員)
●今までは力任せにこすっていたゴトクも、重曹を使うようになってから軽くこするだけでピカピカに! 
 肌荒れもなく、これからも使い続けます。(30歳女性・専業主婦)
●古い歯ブラシは、目詰まりしている部分や、手では落としにくい汚れの部分に使う。(36歳男性・会社員)
●コーヒーのカスは消臭効果があるので冷蔵庫に入れています。(45歳男性・会社員)
●ぬらした新聞紙で窓を拭くのは、雑巾を洗う手間がはぶけていい。掃除が終わったら捨てるだけでいいので楽。
 お金がかからないし、ピカピカになる。(35歳女性・専業主婦)
●お酢は必ず自宅にあるし、万一子どもの口に入っても大丈夫なので、お風呂場の水アカ掃除に使っています。
 (36歳女性・専業主婦)
●じゃがいもの皮でシンクを磨く。じゃがいもは好きなのでよく食べるし、皮をむいたそばから、すぐに活用できて便利。
 (35歳男性・会社員)
●米のとぎ汁で油汚れを落とすのは、鍋などに洗剤が残らず、健康にも良い気がする。(32歳女性・会社員)
●ゴム手袋を手にはめて、カーペットをなでると猫の毛がよくとれます。(33歳女性・会社員)

<調査概要>
【調査実施時期】2012年9月25日~9月26日
【調査対象者】20~49歳の男女
【調査方法】インターネット
【有効回答数】412

「SUUMOなんでもランキング」コーナーでは、住まいに関する様々なテーマについ
てアンケートを実施し、結果をまとめた記事を隔週で発表してまいります。


▼(最新)きれいな部屋を保つために試してみたいエコな掃除方法は?
リンク

▼(前号)こんな不動産会社の担当者は嫌だ!
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちら
リンク

▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事