logo

<5月23日>列指向型データベースで、BIの活用度をさらに高める! ~ 情報系アプリケーションのボトルネックを解消し、快適な利用環境を提供する最新のBIモデルの仕組みを探るセミナーを開催 ~



■セミナー概要

情報系アプリケーション(BI)の活用促進において、「カラム型データベース」
が、最も魅力的かつ効果の高い選択肢として着目されています。
「カラム型データベース」では、なぜ超高速分析が実現できるのか?
---その仕組みに迫るセミナーを5月23日に開催します。

情報系アプリケーション(BI)のレスポンスは、実はその80%以上がデータ
ベースによる処理時間だといわれています。

ユーザ部門から「もっとレスポンスを速くしてほしい」「使い勝手を上げてほし
い」というリクエストが聞かれたり、運用面で「メンテナンスの煩雑さ」に課題
を抱えている方は、データベースの性能を含むアプリケーションの仕組み、
そのものを見直すタイミングを迎えているといえます。

本セミナーでは、長年に渡りアシストが蓄積してきたデータベースのノウハウ
を活かし、従来のリレーショナル型データベース(RDBMS)とカラム型デー
タベースを比較しながら、なぜ今、情報系アプリケーションの活用促進にカラ
ム型データベースが選ばれるべきなのか、をわかりやすく解説していきます。


■このような方におすすめのセミナーです

情報系アプリケーションのレスポンスやメンテナンスに課題をお持ちの方、カラ
ム型データベースにご興味があるものの、なかなか検討の一歩を踏み出せな
いでいる方は、ぜひ本セミナーにご参加ください。


■開催概要

情報活用をさらに加速する「列指向型DB」の仕組みに迫る!セミナー
~カラム型DB、いつ検討する? 今でしょ!~

 日時:2013年5月23日(木)14:00~17:00
 会場:アシスト本社 市ヶ谷セミナールーム
    東京都千代田区九段北4-2-1
 詳細および申込URL:リンク


■カラム型データベースが着目される理由

カラム型データベースは、BI や DWH などの情報系システム専用に設計さ
れ、開発の容易さ、運用コストの低さ、検索性能の高さからあらためて注目さ
れています。
列単位で行われる分析集計処理に合わせて列単位でデータを持ち、列単位
に分割されたデータは重複が多いため 1/5 ~ 1/10 に圧縮されます。
さらに高度なパーティショニング技術も相まって、データ量を感じさせない爽
快な検索レスポンスを実現しています。
これまでは高価な DWH アプライアンス製品でしか実現できなかったTB級
の大規模データを一般的な PC サーバー上で取り扱えることも大きな魅力の
ひとつです。


■本セミナーに関するお問い合わせ

株式会社アシスト
情報基盤事業部 情報活用製品統括部 担当:寺田、古賀
TEL:03-5276-3653 FAX:03-5276-5876
E-Mail:iu_evt@ashisuto.co.jp
詳細URL:リンク


※ 記載されている会社名は、各社の商標または登録商標です。
※ 記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、
  発表日現在のものです。
  その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。