logo

Vitesseのサービスアウェアなスイッチエンジンにより、モバイルとクラウドアクセスネットワークでのサービス提供を簡素化

Vitesse Semiconductor 2013年04月23日 18時10分
From JCN Newswire

MEF CE 2.0に対応したViSAA搭載Serval-2により、帯域インテンシブなネットワークアプリケーションのための10Gへの拡張性を実現

CAMARILLO, CA, Apr 23, 2013 - ( JCN Newswire ) - 通信事業者および大企業ネットワーク向け先進ICソリューションの大手プロバイダのVitesse Semiconductor Corporation (NASDAQ: VTSS)は、Serval(TM) Carrier Ethernet Switch Engineポートフォリオを拡大し、Serval-2(TM) (VSC7438)を発表しました。これは、業界初のシリコン最適化IP Edgeとイーサネット/MPLSアクセスアプリケーションで、モバイルバックホール、クラウドアクセスおよびビジネスサービスデリバリなどの機能があります。本日同時に発表されたVitesse Service Aware Architecture (ViSAA(TM))を搭載したServal-2により通信事業者は、パケットベースのモバイルおよびクラウドアクセスイーサネットネットワークでのMEF CE 2.0サービス提供を徹底的に簡素化できます。

IEEEによれば、通信ネットワークは、帯域幅の平均58%の複合年間成長率のサポートを必要としています。通信事業者は、トラフィックの急増に対応し、ネットワーク構築コストをコントロールしようと努めており、ネットワークOPEX/CAPEXの目標達成のために、パケットベースのに急速に移行しています。プライベートまたはパブリッククラウドネットワークで新しい収益生成サービスを提供している通信事業者は、保守と課金のサポートのためにマルチオペレータOAMとサービスアクティベーションテストなどの新しいキャリアイーサネット機能を必要としています。事業者はまた、これらの新しい4G LTEおよびクラウドベースのネットワークを通じて、ユビキタスな信頼性の高いセキュアな方法で、これらのサービスを提供しています。

「Serval-2は、高帯域モバイルバックホール、動画配信、クラウドアクセスなどのサービスを、通信事業者がイーサーネットを通じて提供できる方法を革命します。」と、Vitesse製品マーケティング部長のUday Mudoiは述べました。「Vitesse Service Aware Architectureは、これらのサービスの効率的な提供を実現します。Serval-2 は、Vitesseが、モバイルIPエッジとクラウド用の新世代ネットワークアクセス設備向けのソリューション提供に、継続的に注力していることを示しています。」

Serval-2:機能豊富でMEF CE 2.0に対応

Vitesseの広く普及しているServal-1(TM)とServal-Lite(TM) Switch Enginesに加えて、Serval-2ファミリには次の特徴があります。

-- MEF CE 2.0対応。接続機能ごとのコントロールとリソース割り振り機能付き。各イーサネット仮想接続 (EVC)により、専用ポリサーとシェイパー、統計、キュー、タギング/マーキングスキームを活用できます。さらに、最初のプロビジョニング時に、各接続が組み込みサービスアクティベーションテスティングを使用する場合があります。専用OAM機能は、フォールトフリーでSLA準拠オペレーションを確実なものにします。

-- 拡張可能サポート。追加外部コンポーネント不要な複数の1ギガビットイーサネット(GE)と10 GEポートの拡張可能サポート。現行のソリューションには、キャリアイーサネット機能を実現する外部FPGAまたはNPUが通常含まれており、要件の厳しい今日の顧客の高帯域ニーズへの拡張時には、大きなパフォーマンスヒットに悩まされています。一方、Serval-2では、OAMや保護スイッチングなどのパフォーマンスクリティカルな機能を実行し、もっとも要件の厳しいサービス提供機能でもワイヤスピードパフォーマンスを維持しています。

-- VeriTime(TM)ナノ秒精度IEEE1588v2刻時技術。この技術は、可変レートのアシンメトリックなミリメートル波とマイクロ波リンクなどのLTEとLTE-Advancedネットワーク要件に対応しています。

-- イーサネット管理のためのマルチオペレータOAM&Pとサービス水準合意のサポート。これにより、RAN共有およびサードパーティバックホールオーナーシップを実現します。

-- 階層QoS (H-QoS)サポート。4Gネットワーク経由の高帯域メディアリッチトラフィック提供のため。

Vitesse Intellisec(TM)対応PHYと組み合わせることで、Servalファミリは、代替ソリューションより50%低い価格帯で、Layer 2 VPNサービス用のセキュアなネットワークを実現します。

入手方法とサンプル

Serval-2のサンプルは2013年第3四半期に入手可能になる予定です。詳しくは www.vitesse.com/products/product.php?number=VSC7438 リンク をご覧ください。

Vitesseについて

Vitesse (NASDAQ: VTSS)は、世界各国の通信事業者および大企業ネットワーク向けに、多様な高性能半導体ソリューションのポートフォリオを設計しています。Vitesseの製品は、モバイルアクセス/IPエッジ、クラウドコンピューティング、SMB/SMEエンタプライズネットワーキングなど、急成長中のネットワークインフラ市場を実現しています。詳しくは www.vitesse.com リンク をご覧いただくか、Twitter @VitesseSemiをフォローしてください。

Vitesseは、米国および他の国で、Vitesse Semiconductor Corporationの登録商標で、Serval、ViSAA、Intellisec、VeriTimeは商標です。この文書に述べられている他のすべての商標または登録商標は、それぞれの所有者の資産です。

VTSS-G

企業お問い合わせ先:
Michelle Lozada
Vitesse Semiconductor
www.vitesse.com リンク
+1-805-388-3700
pressrelations@vitesse.com

代理店問い合わせ先:
Jennifer Usher
SHIFT Communications
www.shiftcomm.com リンク
+1-415-591-8456
VitessePR@shiftcomm.com

概要:Vitesse Semiconductor

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事